普段の日記も書いていきますが、最近はゲーム、模型の日記がメインになりつつあります。

2018/01123456789101112131415161718192021222324252627282018/03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7e11030_00.jpg Intel SSD 510 120 GB の復旧を諦めることにしましたが、
 このドライブの中身には必要な情報が色々と残っていたため、
 このドライブにクリーンインストールで Windows を入れることをせず、
 新しい SSD ドライブを購入して Windows をクリーンインストールすることにしました。

 そういったことを決めたところで焦っていた私はある程度冷静になり、色々と情報をスマホで検索していたわけですが、
 普段あまり使ってないサブの Windows 10 パソコンがあることを思い出しました。

色々と焦って作業していては駄目ですね。

7e11030_00.jpg
 Windows を入れていた Intel SSD 510 の 120 GB ですが、
 去る 10 月 14 日(土)に Windows が起動しなくなりました。

 起動しなくなった症状としては、起動時の各OPROM読み込み後に
 OS がないって状態になってしまった。

 そこから、今日までパソコンの長い復旧作業が続いてるのであった。

先日、PCのキーボードが故障し予備で使ってる『BUFFALO BKBU-J109M/SV』が使いづらいと言ってましたが、他にもキーボードがあったんじゃないかと思い出しました。
寝て、朝起きたらフッと思い出しました。

そして、PCのパーツ類を保管してる場所を探してみたら別のキーボードを発見。
バッファローのよりも使い慣れた感じで使えるのではないかと思いました。

発見したキーボードは、
Microsoft Keyboard with Fingerprint Reader
故障したキーボードと同じマイクロソフト製です。

ただ古い製品なのでUSB接続の上にドライバがWin10のものがないため、Win10搭載の標準ドライバで動作させることになってます。
そのため、指紋認証の機器がキーボードについてますが、ドライバが対応してないので利用できません。

一部、故障したキーボードとレイアウトが異なる箇所があるので、キーの押し間違えをしてしまうことがあります。
ただ、よく利用するキーのところではないので問題ないと思ってます。

とりあえず、このキーボードが壊れるまで次の検討はしなくてもよくなったかなという感じです。
キータッチの感触もいままでと変わらずに慣れた感じなので……。
本日、PCを起動しパスワード入力画面で文字を入力したところ1文字も入力できずに困ってしまった。
ワイヤレスのキーボードだったので電池が消費したのかと思って、新しくアルカリ電池を投入するも全く反応なし。
レシーバーとのコネクトが切れたのかと思って再接続を試みようとするもキーボード側が操作を全く受けつけないためか再接続も失敗。
レシーバーの周辺機器を探索中にキーボード側のコネクトボタンを押しても反応せずにタイムアウトしてしまうようでした。

昨日の就寝前までは普通に動いていたのにどういうことだという感じです。
使ってる途中で動かなくなったとかならすぐ判断できると思うが、こうなってしまっては故障と思うほかないと思っています。
昨年末に年賀状の印刷をしようと思ったらインク切れによって印刷ができませんでした。
年末年始に年賀状のインクを購入しに街中までいくのも面倒だったので Amazon にインクを注文しました。

そして、今回購入したインクはコレ!!
サンワサプライ INK-C320S60S5R つめかえインク(5色インク+工具付き)

私が使ってるプリンターはキャノンの PIXUS MP640 でもう6年も前の機種になります。
現状、このプリンターで満足してるので最新機種の購入は予定していません。
しかし、プリンターの純正インク代は高く、毎年プリンターを買い換えたほうが良いと言われるほどです。

まぁ、それは極端な意見やプリンター会社の回し者が言っているだけかもしれませんが、純正のインク代が高いことには変わりないです。
1月8日現在の純正インクのマルチパックは Amazon で 3,453円 でした。
それに比べて、つめかえインクは10回分+リセッター付きで 3,936円 でした。

ただ、詰め替えインクを購入する場合は以下の点に注意が必要です。
  1. 互換を謳っているがやはり成分が異なっている可能性があるのでプリンタが故障する可能性がある。
    そのため、保証期間が終わっているか。いつ故障しても痛手の少ないプリンターで使うことをオススメします。
  2. 詰め替えであるため、作業に手間がかかる。
    そのため、そういった交換作業を苦にしない方にオススメします。
  3. 詰め替え時にインクがこぼれたり、はねたりすることがある。
    そのため、もしもの場合に汚してしまうことも考慮して問題ないという方のオススメします。
  4. 互換インクとなっていますが、純正インクとくらべて色が異なる場合がある。
    そのため、細かい色の違いが解って気になる人にはオススメしません。純正を使ってください。

というわけで、だいたいの作業手順をこれから書いていきたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。