普段の日記も書いていきますが、最近はゲーム、模型の日記がメインになりつつあります。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

先週末、7月8日(日)に世界三大サーカスの1つとされる
木下大サーカス』の公演を観てきました。

現在、函館から祖母が遊びに来ていて、
祖母を観光に連れていくのに非常に良いタイミングで
札幌に『木下大サーカス』が来てくれていました。

早い時期から「一般自由席前売券」(入場券)は手に入れていたのですが、
サーカスを見に行くのが休日ということもあって
指定席券も購入しておいたほうが良いんじゃないかと思って調べてみたら
ステージ前の指定席に関しては公演終了日までの休日はほぼ全滅に近いんじゃないかと…。

「チケットぴあ」のチケット購入で残りわずかとあるものに関しては、
たぶん一人、二人であれば取れるんじゃないかとは思うけど、
「チケットぴあ」の店舗行ってじゃないとチケットの入手は難しいかと…。

実際、最初に指定席券をコンビニで購入しようと思ったんですが、
のこりわずかっていう状況のチケットを購入しようとすると
二人でも×、一人でも×と購入できなかったので、
結局、「チケットぴあ」の売り場の方で購入しました。

「チケットぴあ」の方が席はバラバラでしたが、
ある程度近くの席でチケットの購入ができたので良かったです。
まぁ、ステージ前の一番いい席はとれませんでしたがね。

購入した指定席券は「ロイヤルブルー」と呼ばれる場所で、
席としては後側ですがほぼ正面の少し高い位置からショーを見れます。
これは実際に座って見てみると良い場所だったと思います。

ちなみにチケットはこんな感じ。
7dc071201.jpg 7dc071202.jpg

指定席券を購入したのは、ショーの約1ヶ月前だったと思います。
代わって、定山渓ホテルの予約はすんなりとれました。

私が見に行ったのは、7月8日(日)の10時20分から開演する朝一番のショーを見に行きました。
会場の月寒ドームに着くと当日入場券の売り場に並ぶ列がすごいことになってました。
持ってて良かった前売券と指定席券。

ショーの内容としては、
  • 前半
    • オープンニングショー
    • イリュージョンマジック
    • ロープショー
    • シマウマショー
    • キリンショー
    • 象さんのショー
    • 決死の空中大車輪
  • 後半
    • ホワイトライオンショー
    • ロシアン空中アクロバットショー
    • オートバイショー
    • その他の日本古典芸
    • 日本の秘技 葛の葉
    • 七丁椅子の妙技
    • 空中ブランコ

順番については結構適当に書いてます。
前半の最初と最後、後半の最初と最後の演目のみが実際見たのと合ってます。
前半と後半の間には15分の休憩がありました。

ショーを見た席に関しては、
  • リングサイドAは正面でステージに近くてステージ上でやる演目が近くで見れる点ではすごく良い。しかし、空中ブランコやロープショーなどのステージ上方で行われるものに関しては見るのが辛い。
  • リングサイドBはステージの側面側になり、A側寄りだと人物の斜め前側なので良い感じ。C側だと人物の側面側になってしまう。ステージ上方の演目に関してはAと同様だがC側寄りだと空中ブランコではネットが張ってあるので見づらい。
  • リングサイドCはステージの側面でステージよりも後ろ側になるので演目によっては人物の側面または後ろ側からの観覧となってしまうので見づらい。ステージ上方の演目に関してはB側と同様に見づらい。
  • ロイヤルブルーは、ステージのほぼ正面から見れる位置ではあるがちょっと離れてしまうのでライオンショーなどの迫力はステージ周辺の席よりはない。少し席が高い位置になるのでステージ上方で行われる演目に関しては、非常に見やすくて良い。ただ、ロイヤルブルー席の両端と真ん中あたりはテントの柱があるため、少し見づらい箇所は出てくる。そのため、ロイヤルブルー席の中央と両端の中間辺りの席が取れれば一番いいかも。
  • ロイヤルイエローは、ここもロイヤルブルー席と同様な感じではあるが、演目によっては少々柱が邪魔をして見づらい場面が出てきてしまうと思う。
  • 一般自由席は、やはり一番安い席ということもあり、ステージからは少し離れてて、演目は側面からの観覧になってしまう。空中ブランコ時もネットが観覧を邪魔してしまうところもあるので観覧状態としては良いとは言えない。

一応、ステージ側面側のことも考慮された演目もありますが、
やはり席に関してはほぼ正面でステージを近くで見れる「リングサイドA」と
全体的にバランスよく見れる「ロイヤルブルー」が良いのではと思いました。

全体を通してもすごく面白くて大変満足のいくショーでした。
また、行く日によって演目も若干変わるようなので、
上記の演目とは違うショーもあったりします。

やはり世界三大サーカスというだけあって、演目の合間の使い方がすごくうまいなと思いました。
次から次と演目が続いて、準備に時間がかかりそうなところはピエロの小さなショーが入り、
観客を飽きさせない工夫がきちんとされていた、もちろんピエロのショーも面白いので文句なし。
またの機会があれば見に行きたいと思いました。

木下大サーカス』を見た後は、大通り公園周辺で昼食を食べて、
その後、定山渓ホテルの送迎バスの時間まで『札幌テレビ塔』に登って来ました。

7dc071203.jpg人生で初の『札幌テレビ塔』です。(笑)
3階のチケット売り場で展望台の入場チケットを購入して、すぐに写真撮影。
展望台から各方角の景色を眺めてみると確かに普段とは違う札幌の街並みを見れて新鮮な感じがありました。

ただ、JRタワーの高いとこで働いてたことのある私にとってはイマイチ感が…。

まぁ、札幌生まれの道民ならば人生に一度は行っておくといいんじゃないかと思いました。
ちなみに入場チケットは大人700円で展望台の高さの割に値段が高いんじゃないかと思う。


札幌テレビ塔』を約30分ほど見た後は、
定山渓ホテル』の送迎バスに乗り、定山渓に行ってきました。

定山渓ホテル』は定山渓の中でも古いホテルだと思います。
そのため、部屋の設備は古くてイマイチ感はあります。
部屋の照明が少し浮いてズレてたり、スプリンクラーが少し落ち気味になってたり、
畳も古いのか、深く沈む箇所があったり、部屋のトイレがウォシュレットじゃないとか。
テレビもワイド対応じゃないテレビにデジタル放送に対応したホテル用のチューナーがついてて
画面の端が切れてたりとか。
部屋に関しては本当に設備が古いです。

ただ、温泉については大浴場はすごく広くて湯船も大きく、
露天風呂含め9つほどあって良い感じです。
アメニティグッズについては一通り揃ってる感じ。
水分補給用の麦茶もよく冷えてて美味しかったです。

ここの温泉は入ると体の暖かいのが続いてというか
逆に暑いくらいのがしばらく続いて体の芯から温まる温泉です。
温泉に関しては、大満足です。

料理に関しては、私は夕朝ともにバイキングだったのですが、
味付けはとても良くて美味しかったと思います。
バイキングの品数も70品ほどと多いのも良かったです。
ただ、やはりというかステーキは1度なくなると次に出てくるまでに
かなりの時間がかかってしまうのはどこもおなじなのかと。
あと、朝の方だとクロワッサンがとても美味しかったのですが、
やはり品切れになると次が出てくるまで時間がかかるのが残念でした。
でも、料理の味に関しては大満足だったので良かったです。

定山渓ホテル』に関しては、全体を通して大変満足のできるサービス内容でした。
まぁ、部屋の設備の古さは他の料理や温泉であまり気にはならなくなるかもです。

帰りは、『定山渓ホテル』の無料送迎バスで札幌駅北口まで乗って帰ってきました。

というわけで、7月8日(日)~7月9日(月)の2日間は
祖母と一緒に楽しい時間を過ごすことができました。



最後に今回行った場所のリンクを張っておきますね。