普段の日記も書いていきますが、最近はゲーム、模型の日記がメインになりつつあります。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

前回の日記から、ちょっとだけ物語が進みました。
というわけで、DQ8 プレイ日記の第2回目です。

現在のプレイ時間は 40時間半 くらいで、
主人公のレベルは 33 となっています。
ちょっと時間がかかりすぎなような気がします。

前回のプレイ日記では、
ある遺跡へ入るためのアイテムを入手するために
イベントを進めているところでした。

今回からは、ネタバレも書いちゃうと思うので
以下からはネタバレでもOKっていう人と興味のある人だけ読んでください。
遺跡に入るために必要なアイテムは、
「まほうのかがみ」というアイテムです。
これを手に入れるために「サザンビーク城」へと向かいました。

サザンビーク城へ行き、王様に話を聞くと「国宝なのでタダではやれん!」と言われ、
王様からの依頼を受けることになりました。

依頼は、へたれ王子の成人の儀式を手伝えということだったので、
王子を連れて「王家の山」へ行き、無事に王の依頼を達成してきました。
まぁ、この王子は色々とムカツキましたけどね。

依頼を達成したので、「まほうのかがみ」を手に入れることができたのですが、
このままでは使えないってことで、このことに詳しい人物に会いに行くことになりました。

その人物のいる場所に行って、「まほうのかがみ」を使えるようにする方法が聞けたのと
呪いをかけられた姫様を一時的に元の姿に戻せるようになりました。

ただ、呪いが解けて人間の姿に戻れた姫様が俺的にはイマイチだった。
これまでのストーリー内で綺麗な姫様だと聞いていたのですが、
期待していただけに残念な感じでした。
「ゼシカ」の方がいいじゃんとw

「まほうのかがみ」の方も無事に利用できる形になり、
「太陽のかがみ」になりました。
今までのシリーズで言う「ラーのかがみ」のことでしょうかね?
効果的にも暗闇で覆われた遺跡内を光で闇を払い進めるようにするもので、真実の姿を映し出すとも言えるしね。
太陽(神)=ラーでもあるわけだし。

DQ2のムーンブルクの王女が「ラーのかがみ」で犬の姿から元の姿に戻った時に、
服を着てたのか、全裸だったのかは今でも気になるところですがねw

っていうか、呪われた姫様に「太陽のかがみ」を使ってたらどうなってたんだろう?
そう考えるとやっぱり「ラーのかがみ」とは効果が違うのかなと思ったりした。

「太陽のかがみ」を手に入れ、
ようやっと当初の目的であった「闇の遺跡」の攻略が出来るようになりました。

この遺跡では、これまで追ってきた人物「ドルマゲス」との対決があり、
今回の事件の黒幕の影が現れ始めた感じですね。
物語も中盤を越えたと言っていいのかな?

「ドルマゲス」を倒して、「サザンビーク」の城下町の宿で一泊すると
「ドルマゲス」から取り返した杖を持って「ゼシカ」がパーティーから抜けてしまう事件が発生。
ここからしばらく男3人のパーティーで苦痛な時間が続きました。

そんな苦痛の男3人パーティーで先に進み、
「リブルアーチ」の町でイベントを進めました。

「ゼシカ」が操られて大変なことになって、
それに対抗するために「クラン・スピネル」というアイテムを得るために
「ライドンの塔」というカラクリのある塔に登って面倒だったとか。
ザコに初全滅をしてリセットしたとか。
「ゼシカ」の生まれ故郷に戻って「クラン・スピネル」をゲットしてきたとか。
護衛すべき相手は屋敷の主じゃなくて使用人の方で殺されたとか。
苦痛な男3人パーティーで攻略していきましたよ。

それらのイベントをこなして、無事「ゼシカ」がパーティーに復帰。
「ゼシカ」から、これまでの事件の裏と本当の敵が誰なのかが語られました。

さすがにここまで来ると、以前の日記で紹介した「ゼシカ」の防具では、
防御力に不安が出てきたため、「リブルアーチ」で防具を整えましたよ。
早速、「まほうのビキニ」を購入して装備させてやりましたw
これも専用グラが用意されている装備で水着姿でスバラシイです。

現在は、「ベルガラック」の町まで戻ってカジノ復活イベントを開始したところです。
護衛対象はもちろん男側を選ぶはずもなく、女側を選んで進めてますw

実を言うと、このカジノ復活イベントの目的地の洞窟は、
以前にレベル上げ作業の際に足を伸ばしてて、
周辺地域までは到達済みなんですよね。
近道も調査済みです。

ちなみに、今まで主人公の名前を出してはいませんでしたが、
「ヴィラル」という名前にしていました。
天元突破なアニメの最初はライバルっぽい感じな人からつけました。

ここにきて名前を公開したわけは、
DQ8ではモンスターバトルロードという仲間にしたモンスターを
戦わせて優勝を目指すサブイベントがあるんですが、
仲間にしたモンスターにチーム名をつけることになります。

前回の日記では、既にモンスターバトルロードにエントリーして
Dクラスまでのバトルに勝利してましたが……。

なかなかチーム名が思いつかなくてパッと思い浮かんでつけた
そのチームにつけた名前が「ヴィラルサスーン」って名前でした。
まぁ、偶然の一致というわけではないでしょうけど、
それからほどなくして例のニュースを見てしまいました。

10日前のこととなりますが、
亡くなられた「ヴィダル・サスーン」さまには謹んで哀悼の意を表します。

というわけで、今回はここまで。
次回の更新をお待ち下さい。