普段の日記も書いていきますが、最近はゲーム、模型の日記がメインになりつつあります。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

タイトルにある通り『Vプリカ』というものを使ってみました。
これは、ネット上で使えるVISAのプリペイド式クレジットカードです。
2012年02月13日 20:00頃:最後の方に追記をしました。

これを使ってみようと思ったきっかけは、
先日まで使ってたソフトウェアの有効期限が切れてしまったから。

そのソフトの購入にクレジットカードが必要だったというと
そのソフトの購入が海外サイトだったためというのが大きな理由です。

きちんとしたクレジットカードは複数所有していて、
実店舗でのみ利用したことはありますが、
さすがにネットショップ上で使うのは怖いなというのと、
海外サイトでの利用ということもあったため、
今回はこの『Vプリカ』というものを利用してみました。

利用してみた結果。
普通に使えてソフト購入できちゃいました。
そして、余ったお金で今まで買えなかった
クレジット決済のものも一緒に購入しちゃいました(笑)。

一応、簡単なメリットとデメリットや使えるようになるまでの簡単な流れと説明を書いてみました。
興味のある方は続きをご覧いただければと思います。(結構長文…)
というわけで、『Vプリカ』のメリットとデメリットを簡単に。
メリット
  • 実名ではなくニックネームで利用できる。
  • 使える金額に上限があり、ある程度安全。
  • 普通のクレジットと同じように利用できる。
  • 審査なしでVISAカードとして利用可能。
  • 使いきりなので残高がなくなった時点でそのクレジット番号は利用できなくなる。
  • 使わないときは利用できないようロックがかけられる。

デメリット
  • 上限金額以上の買い物時に利用できない。
  • 使えない場合がある。(月額利用料が発生するところやカード提示が必要な実店舗など)
  • 海外との取引の場合、海外取引事務手数料が2.94%とられる。

今回はじめて使ってみたので自分が感じたことはこれくらいです。
今後、残高分の利用で何回か使うこともあると思うので
メリット、デメリットについては増えていくかも。

『Vプリカ』が利用できるようになるまでの流れとして詳しい説明はこちらから。

『Vプリカ』の種類としては、
「3,000円」、「5,000円」、「10,000円」、「20,000円」、「29,000円」と
ギフト用の「500円」、「1,000円」があります。

『Vプリカ』を購入する際の支払い方法は、
「クレジット」、「コンビニ」、「銀行」の方法があり、
ギフト用以外の金額には200円の購入手数料がかかり、ギフト用も100円の購入手数料がかかる。
ただし、クレジットでもライフカードの場合は手数料がかからないとなっています。

各手数料が高いと思うかどうかは各個人がどう思うかですね。
私的にはネットでのクレジット利用をある程度安心して利用できると考えれば妥当かなと思いました。

私は元々ネットでのクレジット利用が嫌なのでクレジット支払いは元から除外。
銀行も面倒なのでコンビニ支払いを選択。
コンビニは「ローソン」などのスマートピットの利用ができる場所で支払い可能です。

『Vプリカ』の利用に際しての注意点というかコツ。
利用の仕方を『Vプリカ』のサイトでよく読めばわかることですが、
ニックネームで登録して利用するため、
クレジット利用するサイトによっては
姓名で記入が分かれている場合があり、
そういった場合の利用のコツをちょっと記載しておきます。

例: 「ニックネーム: IRIUMTAROU」の場合
(つけられるニックネームは半角2文字以上10文字以内の英字だったはず…)

姓と名の記入欄が別の場合は、姓「IRIUM」、名「TAROU」とすればOK。
姓と名の記入欄が1つで間にスペースが必要な場合、「IRIUM TAROU」とすればOK。
カナで入力が必要な場合、「イリウムタロウ」でOKらしい……。
この区切る場所は、どこで区切っても大丈夫らしいです。

というわけで、目的のソフト自体は1万円ちょっとのものですが、
『Vプリカ』の購入時の手数料や購入するものの金額を考えて
今回は「20,000円」の『Vプリカ』を購入して利用できるようにしました。

そして、目的のソフトを購入したわけですが、
上記のような点を注意していたら普通に購入ができちゃいました。
そのサイトは「本人認証サービス(3Dセキュア)」対応だったらしく
そこの認証も問題なくきちんと行われて取引が成立しました。

残高が結構余っているので今まで購入できなかったものもついでに購入してみた。
しかも、いい具合に割引セールやってたものだからつい買ってしまったよ。
『Steam』で
『The Elder Scrolls IV : OBLIVION Game of the Year Edition Deluxe』と
『The Elder Scrolls V : SKYRIM』の2つをさ。
オブリビオンのDLC全部入りを50%OFFで12.49 USDとスカイリムが33%OFFの39.99 USDでした。
海外取引事務手数料の2.94%が取られたとしても日本円で約4,200円程度だったのでお得でした。
こちらも『Vプリカ』で問題なく支払えました。

残高がまだ残っているのでこれの利用を考えて早めに使い切ってしまいたいところです。
3ヶ月間利用がないと翌月に125円のカード管理手数料がとられてしまうのです。
アマゾンの購入時にでも使うかな。

というわけで、プリペイド式クレジットカード『Vプリカ』を
使ってみたことについての利用の流れとか使ってみた感想とかでした。

追記:ここから

『Vプリカ』を海外利用して利用金額が確定するまで数日くらいかかるのですが、
無事、利用金額が確定になり、最初に決済した時の値段のまま確定しました。
土日をはさんでいますが、確定までにだいたい4日くらいですね。

『Vプリカ』には、普段利用しないときは外部から利用できないように
クレジット番号にセキュリティーロックをかけることができるので、
利用金額が確定したのでようやっとセキュリティーロックをかけれます。

『Vプリカ』を利用してすぐにセキュリティーロックをかけてしまって
利用金額確定前であった場合、取引不成立となってしまうらしいので
ここら辺は注意が必要です。

とりあえず、『Vプリカ』での海外ネットショップでの商品購入は
ひと通り無事に済んだようでひと安心です。

追記:ここまで