普段の日記も書いていきますが、最近はゲーム、模型の日記がメインになりつつあります。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

昨晩、『Forza Motorsport 4 体験版』のライバルレースみました。

難易度設定は以下の通り
  • ABS:なし
  • ステアリング:シミュレーション
  • スタビリティコントロール(STM):なし
  • トラクションコントロール(TCS):なし
  • シフト:MT(クラッチなし)
  • 推奨ライン:ブレーキングのみ
  • リワインド:なし

ハンドルコントローラーは所持していないので、普通のワイヤレスコントローラーを使ってます。
視点は、Forza3から変わらず車内視点でプレイしています。
来週2011/10/13(木)に発売される『Forza Motorsport 4』で
『Forza Motorsport』シリーズは4作目となりますが、
順調に進化してきていますね。

今回の『Forza Motorsport 4』の特徴としては以下のような感じです。
  • 80万以上のポリゴンで作成された車
  • 前作からグラッフィクスの改善がされ、光源・周辺環境の表現が更に綺麗になり、リアルさが増した。
  • グラフィックが改善されたが、物理演算360Hz、ゲームは60fpsなのは変わらず。
    (シングルディスプレイ時のルームやサイドのミラー関係は30fps、マルチにすると60fps)
  • オンライン対戦は最大16台に。(オフは最大8台。前作は最大8台なので進化してます。)
  • ディーラー81社、533台が登場。
    製品版には79社、502台。(17台のユニコーンカーを含む)
    DLCで今のところ31台が追加される予定となっています。
    登場車種全てに内装が用意され、車内視点で遊べる。
  • 発表されているDLCをまとめて30%OFFで購入できるシーズンパスが2400MSPで販売される予定。
  • AutoVistaでディーラーのショールームのように車の詳細を鑑賞できる。AutoVistaモードが対応しているのは25車種。
  • Kinect対応で、ヘッドトラッキング、ヴァーチャルハンドル、音声認識、AutoVistaでの操作など行える。
  • 今作も簡易操作モードが搭載され進化している。
    ハンドル操作とアクセル操作だけで良く、ブレーキは自動でやってくれるものの他に
    Kinectで操作の場合はハンドル操作だけで良く、コースアウトの復帰も自動で行なってくれる。
  • 英BBC放送のTopGearと連携。
    AutoVista内の車紹介ナレーションにジェレミー・クラークソンのコメントと音声が使われている。
    TopGearのテストコースが利用できる。
  • 前作に比べてコミュニティー機能が進化。
    • クラブ
      複数のメンバーでクラブを作成し、車、チューニング設定、ペイントを共有することが可能になる機能。
      シェアできる車はサーバー上に管理され、100台以上がシェアできる。
      クラブのメンバーは100名までで所属できるクラブは1つだけとなっています。
      クラブ内ではリーダーやサブリーダーの役職が決められ、タグ(英字4文字)を作成することができる。
      クラブ設立後は、ほかのプレーヤーを勧誘してもよし、退会も自由。
      リーダーは役職を他の人に移譲したり、メンバーの追放、降格などの管理操作が可能となっています。
      メンバー間ではクラブ内でレースをしてランキングを競うことができる。
      クラブ同士間でランキングを競ったりができる
    • プレイヤーカード
      「Call of Duty : Modern Warfare」にインスパイアされたもので、自分が誰なのかをアピールしたり、相手がどんな人かを知るためのものになるようです。
      CoDをプレイしたことがないのでちょっとわかりませんが、モンハンのギルドカードみたいな感じなのかな?
    • ライバル
      自分より少し速いプレイヤーのゴーストがライバルと選ばれ競うモードです。
      自分と近い実力のライバルに勝っても報酬は少なく、より上位にいる相手をライバルに設定し勝つと相当なポイントが入手できる。
      負けてしまっても、走りに応じたドライバーレベルや車の経験値、キャッシュが入手できる。
      これは体験版でちょっと試せるが面白いと思いました。
    • 今までのコミュニティー機能の強化
      ストアフロントやメッセージなどの機能が強化されている。
  • ドライバーズレベルは、今作では150に変更されている。(前作では50が最大)
  • Forza Motorsport 3のドライバーズレベルによるギフトカーや作成したバイナルデータの引継ぎが可能。
  • Fanatecのハンコンが日本国内でもマイクロソフトのサポートにより販売されることになった。


Forza Motorsportは、Xbox360をバリューパックで購入して同梱されてた「Forza2」をスルーして、
「Forza3」からプレイしましたが、走ってて楽しいと感じられるゲームで一気にハマってしまいました。
今では、過去作の「Forza2」に戻ってまで遊んでしまうほどです。
わたし的にオススメのカーレースゲームです。

ちょうど10月13日(木)からは、Kinectを同梱したXbox 360本体も発売されるのは
フォルツァの需要に合わせたためなのかもしれないですね。

Kinect同梱の本体は、Microsoft「Kincetアドベンチャー!」とUBI「ユアシェイプ フィットネス・エボルブ」も同梱されてきます。