普段の日記も書いていきますが、最近はゲーム、模型の日記がメインになりつつあります。

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

タイトルにある通り、2011年8月7日~8月13日までに解除した実績を紹介します。
秘密の実績バレがあるので注意。

前回の日記にも記載したとおり、
『シュタインズ・ゲート 比翼恋理のだーりん』の実績を
オールコンプリートしました。
今週の実績解除はこのタイトルだけです。

7db081305.jpg

一度、個別ルートに入ってしまえば楽なもんです。
あとは、送られてくるメールを全網羅すれば
全実績解除は楽勝だと思います。

メールを網羅したかも個別ルートごとに確認できるので
コンプリートしやすいと思います。

というわけで、前回の日記で記載した以外の実績は以下のとおりです。
7db081301.jpg 7db081302.jpg
7db081303.jpg 7db081304.jpg

『シュタインズ・ゲート 比翼恋理のだーりん』をプレイしての感想は、
一言で言えば面白かったと思います。

『シュタインズ・ゲート』をプレイして好きだと感じた人は
ぜひプレイすることをおすすめします。
実績も解除しやすいという点もおすすめです。

本編の進行としては、共通ルート→個別ルートという感じになり、
共通ルート、個別ルートは基本的に1本道なので迷うこともないため、
純粋にストーリーを楽しめます。

本作は、たぶんまゆしぃがメインヒロインだと思います。
その理由として、
個別ルートに入るためには条件が必要になるのがまゆしぃだけとなっているためです。

そして、『シュタインズ・ゲート』ではあまり良い扱いじゃなかった
桐生萌郁さんの個別ルートがあり、幸せなエンディングになって良かったと思いました。
これは、たぶん萌郁さんの救済シナリオですね。

『シュタインズ・ゲート』ではシナリオの関係で
桐生萌郁を嫌っていたプレイヤーもいるかも知れませんが、
本作の個別ルートで好きになった人がいるかもしれませんね。

まぁ、最初何も考えずにストーリーを進めて
しょっぱなの個別ルートで「漆原るか」の「アッー!」ルートに
突入してしまった以外は大変良かったと思います。

最後に、やっぱり紅莉栖はかわいいということで、
ファイナルアンサーでした。

今週の実績解除と『シュタインズ・ゲート 比翼恋理のだーりん』の感想は以上です。
エル・プサイ・コングルゥ