普段の日記も書いていきますが、最近はゲーム、模型の日記がメインになりつつあります。

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

『Forza Motorsport 4』の公式サイトで公開されている情報をまとめてみました。
一応、ゲーム情報サイトからのもあります。
もしかしたら足りない記載もあるかも、その時はご容赦を。

日本での発売日は2011年10月13日。
値段は、どうせ購入する予定だからいくらだって気にはしない。

おおまかに
  • 今回のForzaは、シリーズ中あらゆる面で最大の規模になる。
  • 新たな物理モデルが導入されている。
  • ライティング処理を統一化し、車とトラックのビジュアルを大幅に改善している。
  • 朝、昼、夕の環境を選択可能。夜と雨天は未実装。
  • 16人でマルチプレイが可能になる。
  • Forza Motorsport 3のプロファイルデータを引き継げるみたい。ペイントデータ等を含めて。

これだけの情報でもwktkが止まらない。
Kinect対応について
  • メニューなどを身振りや音声で操作可能。
  • ドライブもKinectのみで可能。
    • ハンドルだけの操作になる。
    • 上記以外のブレーキ、アクセル、ギアチェンジは自動らしい。
  • AutoVistaで色々な操作が可能。
  • レース中にヘッドトラッキング機能が有効。

車について
  • 車は約80万ポリゴンで緻密なレンダリングがされ、再現されている。
  • 世界80社以上のメーカーから数百台を選び抜いている。500車種以上は確実らしい。
  • Pirelliと新たにパートナーシップを結び、最新のタイヤデータを使用している。
  • コクピットビューの大幅な改良を行っており、視点がもっと広くなったほか、インテリアなども作り直されている。
  • バックファイア、スモークなどのエフェクトも再現。

TopGearとのコラボについて
  • AutoVistaでの車の解説ガイドをイギリスBBCで放映されているTopGearでおなじみの司会者Jerremy Clarksonがしてくれる。
  • TopGearテストトラックコースが再現されコースとして利用可能。
  • 上記以外にも全モードでJerremy Clarksonの協力を得ているみたい。

アシスト機能について
  • オートステアリング機能が追加される。
  • リワインド機能のOFFが可能になる。

AutoVistaについて
  • 車の見て回ったり、運転席に座って内部を見回すことが可能。
  • エンジンをスタートさせて、エンジン音を体感して楽しむことも可能。
  • 車の色々な場所を開閉してエンジンルームなどを見ることが可能。
  • 音声ガイドは、上記のようにJerremy Clarksonが解説をしてくれる。
    ↑ 日本語版ではどうなるんだろう?
  • 全車種がAutoVistaで見れるわけではないみたい。

ゲームモードについて
  • キャリアモードにワールドツアーモードというのが追加。
    ワールドマップからレースを選択していくような感じらしい。

コースについて
  • アルプスを舞台にしたオリジナルコース「Bernese Alps コース」が用意されている。
    3種類のコースが予定されている。
    • Festival Circuit : アルプスコースのフルバージョンでアルプスのふもとにある村落すれすれを走るコース。
    • Stadplatz : トンネルを迂回して、アルプスの輝く湖面を横断するコース。
    • Club Circuit : きわめて難しい複合コーナーの区間で、幹線道路を郊外へと抜け、山の裏側を蛇行するコース。
  • 過去シリーズからは人気のあったコースをメインに収録されている。
    富士見街道、鈴鹿、筑波サーキット、ツインリンクもてぎは収録されている模様。
  • 上記で記載した通り、TopGearテストトラックコースが追加されている。

コミュニティー機能について
  • ライバルモード
    • フレンドやその他のプレイヤーと競うことが出来るモード。
    • 常に他のプレイヤーから挑戦を受けることができる。
    • 用意されているチャレンジのスコアで競うことになる。
    • フレンド以外のプレイヤーに関してはランキング上のどのプレイヤーでもライバルに指定することが出来る。
    • ライバル認定した相手はゴーストとして表示されるみたい。
    • ライバルのスコアを破ると相手にメッセージが送信され、自分のスコアが破られるとメッセージが送られてくる。
    • ライバルに勝利するとクレジットの入手ができる。
  • カークラブ
    • 集まったプレイヤーで共通の目標を目指して力をあわせる。
    • クラブに共有のガレージが用意される。
    • 自分の所有の車から共有ガレージに置く車を選択することが出来る。
    • ペイントやチューニングの設定を交換することも可能。
    • 自分の車を共有ガレージで交換することが可能。
    • 共有ガレージに置いた自分のクルマを他のメンバーがチューニングすることも可能。
  • バッジと称号
    • 専用のプレイヤーカードにあなたの所属グループとプレイヤーレベルが表示される。
    • ゲーム内の様々な目標を達成すると新たなバッジや称号が入手できる。
    • お気に入りのクルマを使い続けることでプライズやボーナスが貰える。
  • メッセージセンターが進化して、上記のコミュニティ機能の情報を取得しやすくなっている。
  • Forza サイトがカスタマイズ出来る。
    • 自分にぴったりのニュースとプライズを毎日チェックできる。
    • 自分のプレイスタイルや関心に合わせたニュースが表示される。
    • コミュニティーニュース、Forza ストアフロントの最新情報、他プレイヤーからの最新のチャレンジなどをお知らせを受け取れる。

DLCについて
  • 新しくなったマーケットプレイスからFM4のDLCライブラリが確認できる。
    ↑ まだマーケットプレイスって変化してないような気がするけど、これから新しくなる?
  • お気に入りの車が見つかったら1台単位でも、カーパック単位でも好きな形で購入できる。
    ↑ 1台単位で購入出来るのは嬉しいかもだけど、私はカーパックで購入するだろうなぁ。
  • 購入したら自動的にFM4で使用できるようになる

ハンコンについて
Microsoftの新ハンドルコントローラー「Microsoft Wireless Speed Wheel」がリリースされる。
その他に「Fanatec」からもリリースがあるらしい。
「Fanatec」のハンコンほすぃー。日本でも販売しないかなぁ。

リンク