普段の日記も書いていきますが、最近はゲーム、模型の日記がメインになりつつあります。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

昨晩届いた3DSで色々と遊んでみました。
最初から内蔵されているソフトだけでもかなり遊べますね。

まずは、Miiスタジオでカメラ機能からMiiを作成してみました。
カメラ機能からの作成では、最初に「性別」、「肌の色」、「眼の色」、「髪の色」、「髪型」を選びます。
その後、カメラ撮影を行ってMiiが出来上がります。

背景の明るさによってもかなり違った感じでMiiが出来上がるので、なるべく明るいところで撮影すると良いと思います。
撮影によって自動でMiiが作成されても、撮影後に気に入らない部分の修正が可能です。
メガネとか付けてる人は、ここでメガネパーツの追加ができます。
最後にプロフィールを入力してMiiの完成となります。

そして、完成した「じぶんのMii」はこちらになります。
まぁ、こんなMiiでも欲しい人がいるかどうかわかりませんが、一応「QRコード」も掲載しておきます。
「Miiスタジオ」の「QRコード・画像」にある「QRコードを読み取る」で取得できます。
7db22801.jpg 7db22802.jpg
写真からMiiを作ってみたけど似てるかぁ?

出来たMiiは、とりあえず「すれちがいMii広場」に設定しておきました。
こっちのソフトはWiiの「似顔絵チャンネル」と違ってMiiが集まってくるだけじゃなくて、集まってきたMiiを使ったゲームが遊べるみたいです。

2011年2月28日(月)23:00頃 追記しました。
「Nintendo 3DS カメラ」は、3D写真が撮影できたり、色々と写真に加工が可能できるので色々と楽しめそうです。
立体的な写真が撮れるのが楽しくて色々と写真が撮りたくなります。

「顔シューティング」は撮影した顔写真から的が作成され、周りの景色がステージとなって遊べるシューティングです。
撮影した顔写真は目の位置と口の位置が合っていれば、色んな表情で的として登場してくれます。
最初、自分の顔を撮影して遊んでみたら、かなり楽しかったですよw
まぁ、自分の顔だけだと飽きるので色んな人の顔を使って遊ぶといいんではないかと思います。

「ARゲームズ」は、拡張現実という技術を使って遊ぶゲームです。
ARカードを認識させると、現実環境にバーチャルな物体が実際にあるかのように遊べるゲームです。
最小は「マトあて」と「キャラさつえい」の2つしか遊べませんが、「マトあて」をクリアすると「マトつき」と「Miiさつえい」が遊べるようになります。
「マトつき」をクリアすると「つり」と「おえかき」が遊べるようになります。
「つり」をクリアすると更に増えるんですが、それは実際に試していただければと思います。

「キャラさつえい」は、付属のキャラの絵がついたARカードを置くと、マリオなどのキャラが登場。
色々とポーズが決められるので楽しいです。

「Miiさつえい」は、登録してあるMiiを使って拡張現実して遊べます。
例えば、下のような写真も撮影出来てしまいます。
7db22803.jpg
配置できるMiiのポーズも色々と変更できるので色んな遊びが出来ると思います。
ジオラマとか作ってそれにMiiを登場させて撮影するなんて事をしたら、かなり楽しいんじゃないかと思います。

という感じで、3DSタイトルは全く購入してませんが、しばらくは遊べそうです。
拡張現実の「ARゲームズ」が今のところ色々と遊べそうで面白そうです。

というわけで、今回はこの辺で。
では、また。

2011年2月28日(月)23:00頃 追記
Amazonに注文してた液晶画面の保護フィルムが届きました。
今回は、簡単に綺麗に貼れるものを注文しましたが、実際に綺麗に貼ることができたので満足です。
下のやつが実際に購入して貼った商品です。

簡単に綺麗に貼りたい場合にはオススメだと思います。