普段の日記も書いていきますが、最近はゲーム、模型の日記がメインになりつつあります。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

今日はちょっと便利なソフトウェアの紹介を2つほどしたいと思います。
大量の画像やファイルを扱う場合には便利だと思います。
もし、興味があれば一度利用してみてはいかがでしょうか。

今日、紹介する2つのソフトは以下の2つです。
  • 縮小専用 AIR
  • Flexible Renamer

それでは、それぞれのソフトの説明と導入方法を紹介していきたいと思います。
  1. 縮小専用 AIR
    これは、画像を設定したサイズに縮小してくれるソフトウェアです。
    画像に特に変更などを加えずにそのまま縮小したい場合に便利です。(拡大はできません)
    簡単な画面効果も与えることが出来ますが、私はこの機能を使ったことはありません。
    私の最近の主な使い道としては、撮影した写真の縮小とゲーム画面をキャプチャしたものを縮小する時に利用しています。
    ちなみに読み込みは、JPEG/BMP/PNGに対応していますが、出力はJPEGのみとなっています。

    導入方法
    1. 『Adobe Flash Player』の最新版をインストールします。
      インストールはこちらから

    2. 『Adobe AIR』の最新版をインストールします。
      インストール:Windows or MacOS

    3. 『縮小専用 AIR』をインストールします。
      インストールはこちらのページ右側に表示されているボックスの「INSTALL NOW」をクリックします。
      あとは、特に難しいことはないので同ページを参照していただければと思います。

    使い方
    1. 「スタートメニュー」または「デスクトップ」から「shukusen-air」を起動します。
    2. 起動したら設定項目を設定します。
    3. 複数。または、1つの画像ファイルを起動したアプリケーションにドラッグ&ドロップしてください。
    4. 元画像と同じフォルダに縮小された画像が作成されます。

    これは画像を一括に変換してくれるので楽です。
    ただ、きちんとアスペクト比を考えて縮小値を設定しないとダメですよ。
    元の画像が4:3なら、320x240、512x384、640x480、1024x768。
    16:9であれば、640x360、960x540、1280x720、1920x1080って感じかな。

  2. Flexible Renamer
    これは、大量のファイル名を一括で変更できるソフトウェアです。
    ワイルドカード、正規表現を用いたり英数での連番などで置換が可能なため、私的にはとても便利です。
    私の最近の利用法としては、ブログにアップする画像のファイル名変換に利用しています。(連番化)

    導入方法
    1. ソフトウェアをダウンロードします。
      ダウンロードはこちらです。
      ダウンロードページへ行き、「今すぐダウンロード」をクリックします。

    2. ダウンロードした圧縮ファイルを解凍します。
      解凍ソフトはZipファイルを解凍できるものならなんでもOK。
      Win7とXPは標準でZip解凍の機能があるのでそれでもOK。
      なければLhaplus7-Zipなどを利用していただければと思います。

    3. 解凍されて出来たフォルダを適当な場所に配置します。
      例:オンラインソフト専用のフォルダ等。ショートカットをデスクトップに置くなど。

    使い方(例:私がよく利用するフォルダ単位の連番ファイルへのリネーム方法)
    1. ショートカットから起動。または、Flexible Renamerの入れたフォルダのFlexible Renamer.exeを実行して起動します。
    2. ウィンドウ上部のツールバーより、「フォルダ指定」、「リネーム」を選択状態にします。
    3. ウィンドウ左側のエクスプローラーから目的のファイルが入っているフォルダを指定します。
    4. 入力フォームのターゲットを「ファイル」にチェックを入れます。
    5. 「高度なリネーム」にチェックを入れます。
    6. リネーム方法は「ワイルドカード」にチェックを入れて、検索はとりあえず「*」を入力します。
      (これで指定したフォルダ以下のファイルは全て指定されている状態になります。)
    7. 置換には「置換したい文字列_??\e」と入力します。
      (置換したい文字列はあなたの好きな文字列で、??は連番2桁を、\eは元の拡張子と同じことを意味しています。)
    8. 連番の開始で開始番号をステップで連番の増値を設定することができ、「>」ボタンで連番の種類を選択できます。
    9. あとは「リネーム」ボタンをクリックすると指定したファイル名に置換されます。
      (リネームを行う前に事前に右側のウィンドウで変換後のファイル名が確認出来るので確認しておくことが大事です。)

    このソフトウェアは他にも色々なファイル名の置換に対応しているのであとはヘルプ等を読んで利用していただければと思います。
    これは一括でファイル名を置換したい場合はすごく楽ですよ。

今回紹介したソフトでちょっとでも楽が出来るようになればと思います。