普段の日記も書いていきますが、最近はゲーム、模型の日記がメインになりつつあります。

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

今回は、ミラクルデカールを使ったデカール制作の印刷編となります。
前回の印刷画像作成編で作成した印刷用画像を使って、デカールの印刷を行ないます。
前回の記事から大分期間が開いてしまい申し訳ありません。

今回は、私が利用している印刷ソフト「Canon Easy-PhotoPrint EX」での印刷方法になるので、各自使用する印刷するソフトによって設定が変わってくると思うので、それは適宜に読み替えて作業していただければと思います。

それでは、デカール印刷編について説明していきたいと思います。
そもそも、なぜ私がデカールを印刷するときにこのソフトを使い始めたのかと言うと…。
「Gimp」でデカールを印刷しようとした際に、テストの段階でいくら印刷や用紙設定を変えても、A4の4分の1サイズでしか画像を印刷できずにいたため、別なソフトでの印刷を考えたのが始めでした。
その後、フリーの「Paint.net」を使って印刷もしてみましたが、こっちは画像が若干縮小され印刷されてしまうのでおしい感じでした。
そして、ものは試しで楽に写真印刷が可能な「Canon Easy-PhotoPrint EX」を使ってみると、設定が楽だということもあったんですが、自分が作成したデカールのほぼ実寸値で印刷できたことで、このソフトを使うことを決定しました。
もし、キャノンのプリンタを使っていて、デカール印刷をしている人がいれば、1度試してみてはどうかと思います。

  1. 設定について
    「Canon Easy-PhotoPrint EX」を起動して、[ファイル] -> [設定]を選択します。
    そして、[印刷]タブを以下の画像のように設定してください。
    たぶん、これだけで自分の考えたサイズのほぼ実寸値で印刷されると思います。

    • フチなし印刷時のはみ出し量:小
    • 印刷品質:画質優先
      (オプションで[[画質優先]を選択した場合は、最高品位で印刷する]にチェックを入れる)

  2. 印刷するデカールにベーススプレーをコートする
    色の発色を良くするためにミラクルデカール専用のベーススプレーをデカール印刷面に噴いて良く乾燥させます。
    (別にこの作業はやらなくてもいいと思います。私もベーススプレー吹かないことあるし・・・w)

  3. 手順について
    1. [メニュー]で[写真印刷]を選択する
      100725a.jpg

    2. [画像選択]で印刷するデカールの画像を選択する
      (複数印刷する場合は、複数選択することも可能)
      100725b.jpg

    3. [用紙選択]で[用紙サイズ]と[用紙の種類]を選択する
      • [用紙サイズ]:A4
      • [用紙の種類]:『写真用紙 光沢』か『写真用紙 光沢 プロフェッショナル』
      100725c.jpg

    4. [レイアウト/印刷]で[フチなし]を選択する
      100725d.jpg

    5. [印刷]を選択する
      1度試しで普通用紙などに印刷して印字の濃さなどを調整してください。
      インクが薄すぎると色がでないし、濃すぎると変に印刷される場合があるので適正な濃さを発見しましょう。

  4. デカールの印刷面保護用のクリアでコートする
    デカールを印刷して乾燥後、そのままこれをデカールとして貼ろうとすると、水につけた際にインクが落ちてくるので色の定着と印刷面の保護のため、デカールをクリアコートします。
    水性のクリアで行うことが推奨されていますが、私はクリア後の塗膜面の丈夫さを考えて、アクリル塗料でコートしています。
    もちろん模型の最終的なコートもアクリル塗料で行っています。
    やっぱり水性よりもコート面が丈夫で仕上がりのツヤも違いますから…。

    ただ、アクリル塗料でクリアコートする場合には、デカールを溶かすことがあるので注意が必要です。
    コツとして、始めは遠目からクリアを噴いてデカール表面に付着する際は、既に半ば乾燥した状態で1度コートします。
    この1度目のクリアでデカール表面はザラザラとして触り心地になっている感じです。
    その後、1度目のクリアが乾燥したなと思ったくらいで普段の距離でコートしていきます。
    こうすることで、アクリル塗料を使ったコートでの失敗は少なくなると思います。

    後は、乾燥させてデカールの完成となります。


以上で、私のデカール作成の工程となりますが、皆さんの参考にはなったでしょうか。
そうなったのであれば、この記事を書いた私としても嬉し限りです。