普段の日記も書いていきますが、最近はゲーム、模型の日記がメインになりつつあります。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

メタルマックス1を攻略したので、続いてメタルマックス2(以後MM2)を攻略したいと思います。

MM2は、1の頃に比べるとグラフィックや操作性も良くなり、さらにはフィールド上に埋まっている強力武器とかの発掘作業も1とは比べ物にならないくらい多くなっています。

そして、2の場合は仲間になるキャラがメカニック、ソルジャーの他に『犬』も仲間になります。
しかも犬はきちんと育てると戦車に乗れないにも関わらず戦車に匹敵するくらいの戦闘力を持ってくれます。

ただ、難点はやはり犬以外のメカニックとソルジャーの名前が、入力した主人公の名前でランダム決定されるということでしょうか?
メカニックの場合は登場が早くて気に食わない名前ならやり直せる範囲ですが、ソルジャーに関してはゲームが結構進んだ時点で登場するので気に食わないとやり直しができない点でしょうか。
これは、1の時も同様でしたけどね。

そして、MM2の見所としてはやはり宿敵「テッドブロイラー」との対決が上位に上げられ、他には「ドラム缶」、「マリアとの別離」などの大きなイベントが盛りだくさんとなっていることでしょうか。
エンディングに関しても、車両を手に入れてLv5を超えればいつでも見ることはできます。
本当のエンディングは、やはりラスボスを倒さなければなりませんがね。

各イベントに関しても、順番は特にないので自分の好きに進めることができるのでメタルマックスは自由度が高くて好きです。

ということで、MM2の攻略をしていきたと思います。
ネタバレを多数含むためご注意ください。
MM2のプロローグは、マドの町にグラップラーという組織が攻めてくる所から始まります。
マドの町は、グラップラーの攻撃を阻止するため4人の用心棒を雇います。
その用心棒の1人「不死身の女ソルジャー マリア」と呼ばれる女ソルジャーに連れられ主人公はマドの町にやって来ます。

グラップラーによるマドの町への侵攻が開始され、グラップラーを退けようと奮戦する4人の用心棒達とそれを見守る主人公。
そして、グラップラーの侵攻を食い止めている用心棒達の前に変態モヒカン男「テッドブロイラー」が立ちふさがります。
テッドブロイラーの圧倒的な強さにマリアを残し次々と他の用心棒達が倒れてしまいます。
そして、マリアはそばにいた主人公をかばうため、テッドブロイラーの攻撃を受けつづけてしまいついには倒れてしまいます。
マリアの守護を失った主人公もテッドブロイラーの攻撃により倒れてしまいます。

次に主人公が目を覚ましたのは、どこかの家のベッドの上でした。
その家の子供が目を覚ました主人公に気づき女性を連れてきます。
女性はイリットといい、酷いヤケドを負った主人公をイリットが看病していたこととマリアが亡くなってしまったことを知ります。
そして、マリアの形見を受け取ったところから冒険は始まります。

ちなみに今回は、何も考えずに主人公の名前を「ルーウェ」君と名づけました。
考えて付けたって仲間の名前はランダムですから~。

ということで、まずは何をしたら良いのかといえばイリットの家の階段を下りるとドックになっているため、ドック内を探索。
すると、ナイルじいさんという人が用心棒の1人「暴走バギーのガルシア」の乗っていたバギーを修理するため、エルニニョの町に向かって戻って来ないという情報と郵便ポストにある「マリアからの手紙」を読んで涙することでしょうか?

ドック内を一通り探索した後、町を見て回り用心棒達の墓で黙祷をささげます。
1つ墓が足りないのは気にしないでおきましょう。嫌なヤツだったから墓が無いのだろうって思っとこう。
そして、町の中の情報を聞く上で外に出た際の気をつけること等がわかったところで、ナイルじいさんを探しに外に出てLv1のままエルニニョを目指して突貫しました。
敵の戦闘では逃げつづけ、命からがらエルニニョに到着するも既にナイルじいさんはマドの町に戻ったという情報を得る。
あとは、牢に入れられているメカニックがいて彼を助けることに仲間になってくれますが今のところ無視します。
いちいち歩いてマドまで戻るのは大変なのでエルニニョの地下にある転送装置を使ってマドの町に戻ります。
マドの町のドックに戻るとナイルじいさんがいて、ルーウェ君に車に乗ってみろと言ってくるので乗車しましょう。
戦車の名前をつける画面になるのでNo.1『バギー』の名前を「シルフィード」にします。
元の名前の「ガルシア号」よりははるかにマシです。
車の修理が終わってないため自走することはできませんが、1日経ったら直ってるということなのでイリットの家で休ませてもらうと車の修理が終わっていてバギーがルーウェ君のモノとなり、ハンターとしての第一歩を歩むこととなります。
この時のルーウェ君の称号は「ヒヨッコ」です。

それにしても、ナイルじいさんはすごいですねぇ。
主人公が命からがら進んだエルニニョまでの道のりを往復したあげくにピンピンしてるなんて化け物ですね。

バギーを手に入れてすることは、まずは満タンサービス屋で弾薬や装甲タイルの補給ですね。
これをしておかないと、外に出た瞬間に敵の攻撃でせっかくの車が故障しちゃいますから。
あとは、普通にストーリーを進めていくと次にすることと言えるのは賞金首「スナザメ」退治でしょうか?
しかし、私は「スナザメ」を放置しエルニニョの町から西にあるベイブリッジに向かいます。
ここでは、グラップラーが検問を行っており通れなくなっていますが、戦闘に勝つことによって進めるようになります。
しかし、初期装備のバギーでは若干辛い戦いのため敵の行動パターンを考えた戦法でうまく戦います。
グラップラーはバギーの大砲一発で倒せますが、グラップルタンクは防御が硬いため大砲だけでは弾数が足りません。そのため、主人公に火炎瓶を2個持たせておいてグラップルタンクの偶数ターンは弾の装填をすることを狙って火炎瓶を投げつけて「燃え」属性を発生させてやることで楽勝になります。
グラップラーを倒した後イベントが発生し、船上にいるテッドブロイラーとの邂逅を果たします。

グラップラー撃破後は、戦車の状態はギリギリなので一度エルニニョに戻って補給を行います。
ベイブリッジを抜けて北へ進むと下水管理局へ、北東へ進むとハトバの村へと到達します。
ベイブリッジからは下水管理局の方が近いのですが、ハトバへと向かい補給を行います。
ハトバから下水管理局へと向かい、地下で副砲「ガトリング砲」を入手して外へ出ます。
ルーウェ君はバギーの副砲を「7.7m機銃」から「ガトリング砲」へ交換し、マドの町のトランクルームへ7.7m機銃を預けた後、地下下水道で得たお金でエルニニョの戦車道具屋に売っている「ドックシステム」を購入。
ドックシステムを使ってハトバに移動し、さらに先の町へと進みます。
ハトバから北西に向かい「ビトーのトンネル」を無視し、さらに北西へ進むと新幹線の高架の下に町があるのが見えてきます。
ここの町はアズサと言い、マリアの故郷でもあります。
ここは一通り見て回って補給した後、さらに町を出て北を目指します。
北上していって、砂漠に出ると酒場サースティーが見えてきます。
ここでは、簡単なイベントを行って強力な武器などを購入できるようにしておきます。
ここでルーウェ君の称号が「危ない客」に変わります。
メモリーセンターなどでは称号をつけて呼ばれるので「危ない客のルーウェさん」と呼ばれるようになります。

ここで、外に出て若干アズサ側に戻り砂漠の入り口あたりから東に少し進みます。
地雷探知機や金属探知機なしで昔の勘を頼りに地面を調べて、戦車No.2『装甲車』を発掘します。
この戦車を牽引しようとすると名前入力画面になるので、戦車の名前を「ガイアラント」と名づけました。
この時のルーウェ君のLvは4くらいでした。
まだまともな戦闘はグラップラーとしか戦っておらず、逃げつづけています。
ここまでくると、結構木箱の中とかに良い武器とかがあるのでそれを装備させてやっています。

ここで、2台目の戦車を手に入れたので仲間を増やすことにします。
エルニニョにドックシステムで戻り、宿屋でグラップラーと戦闘しトレーダーの女性を助けます。
そして、人間装備屋などがある建物でドラム缶を押して隠し部屋へ向かいます。
隠し部屋でギンバと話した後、牢屋近くに戦車を置いて徒歩で地下下水道に向かい奥にいるキンバに話しかけることで、エルニニョの町で牢に入れられているメカニックを助けることが出来ます。
助けたメカニックを仲間にしてあげます。
彼の名前は「ずしおう」君です。
仲間になったずしおう君には、苦労の末手に入れてきた装甲車に乗せてあげましょう。

ここで、ようやっと賞金首「スナザメ」退治を行いました。
スナザメは、装甲車のATMミサイル1発であぼ~ん出来るのですが、攻撃を10発以上与えることでレアアイテムの「鉄のフカヒレ」を手に入れることができるので地道に「ガトリング砲」で攻撃。
10発以上攻撃を与えて殺したにもかかわらずなかなか出てこないレアアイテム。
7回ほどチャレンジしましたが出てこなかったため、諦めてスナザメをあぼ~んすますた。
これで、ルーウェ君のLvが7くらいになりました。

その後、さらに仲間を増やすべくベイブリッジから南西に向かい、建物を目指します。
この場所は「犬の村」と呼ばれ、多くの犬がいます。
犬に話し掛けて「はい」を選択するとくっついてくるのでマドの町にいる犬好きなじいさんに引き取ってもらいましょう。
犬の村のじいさんが悲しまない程度に半分くらいの犬をマドの町に移動させてみました。
そして、犬の村で1頭だけ色の違う犬が目的の犬のため仲間にしてやります。
名犬ポチが仲間になりました。

ここからは本格的に雑魚敵の戦闘はこなすようにして、LvUpを図ります。
ハトバの町に行き、道具屋で修理キットを手に「ビトーのトンネル」でビトーに修理キットを渡します。
どこかで1泊して再び訪れるとビトーに助けを請われるので助けてやると、トンネルの先に進むことができるようになります。
ビトーのトンネルを抜けて先に進むとバザースカの町に到達することができ、ここでも強力な装備などを買うことができます。

人間・犬装備に関しては今までの町から厳選して購入していき、戦車装備に関してはハトバの村から船に乗ってデルタ・リオの町(ドック内のみ)で副砲「9mチェインガン」とエンジン「ブル」を購入してあげます。
これで装備に関しては不安がなくなると思います。

バザースカの町にはシャーシ改造屋がありシャーシの改造ができますが、この町には改造屋になりたくても人数過多のため改造屋になれなかった人がいます。
その人に話しかけマドの町を紹介してやると、マドの町で改造屋を開いてくれます。
お金を溜めてバギー、装甲車とも守備力を150まで上げて弾倉も少し多くしてやりましょう。
これで、前半の敵の攻撃をほとんど防ぐことが出来るようになります。
まぁ、さすがに戦車などの装備を購入する為の資金を得るのは楽ではないので、発掘アイテムを無限発掘できる裏技を使ってお金を稼いでました。
装甲車の発掘された場所から少し北に行った場所に、副砲「ビームランサー」が落ちているので無限発掘技で大量に取得。
それで稼いだお金で戦車装備を買いそろえました。

人間や戦車の装備を整えたところで今回のルーウェ君の日記はおしまいです。
次回は、賞金首「アダム・アント」退治と博物館攻略をしたいと思います。