普段の日記も書いていきますが、最近はゲーム、模型の日記がメインになりつつあります。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

アメリカ ロサンゼルスで行われているE3 2010でニンテンドーDS関係で色んな発表があったみたいです。
細かい情報は色んな所で出てるので詳しくは説明していきませんが、私が気になった情報だけ書いていきます。

NDSのハード関連では、ニンテンドー3DSの実機お披露目があったみたいです。
ディスプレイで3D立体視映像ができ、立体視対応の写真撮影が可能なカメラや,モーションセンサー/ジャイロセンサーなどが標準装備。
さらに、ニンテンドー3DS同士による通信機能をハードウェアレベルで実装し、アナログ入力対応のスライドパッドの追加されているそうです。
発売日や価格などについては、まだ未定ということです。

最近、テレビやゲーム機の3D対応が話題になっていますが、私個人的には家庭向け3Dはまだイラネって感じです。
映画館のような大スクリーンで3D映画を見たり、大きなイベント会場などに設置される実際にそこに物が浮遊しているかのように立体視できる3DとかならOKって感じです。
昔っからある3Dメガネに毛のはえたような技術程度が家庭用に入ったからってねぇw


ゲームタイトルの方はN3DSの発表があったためか、その対応ソフトの発表がいっぱいあったようです。
有名タイトルで言うとDQ、FF、真・女神転生、DOA、スーパーストリートファイター4などが発表されてました。
う~ん、この中で興味あるのは真・女神転生くらいかな~。

というわけで、私がNDS関連で気になったのはこんな感じです。