普段の日記も書いていきますが、最近はゲーム、模型の日記がメインになりつつあります。

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

本日は、天気が悪かったので在庫の模型を新たに作ってみようかなと思いましたが、最近は多かった車ではなくて気分を変えてガンプラの方の制作を進めてみました。

今回はいっぺんに以下の写真のガンプラ2つをやっちゃいました。
箱写真の上方にマウスパッドが写っていますが気にしないでください。ただの『にゃんこい!』のマウスパッドなだけですからw
ストライクとデュエルランナー構成この2つのガンプラは300円程で購入できるもので、2つのランナーとポリパーツの間接部品のみという簡単なキットです。

ランナーは一応おおまかなパーツ単位で色が分かれているいろプラが採用されていますが、やはり素組ですと見栄えがよくないので塗装は必要になってくるキットだと思います。

また、安いキットということもあり腕のパーツと足のパーツはひじやひざを可動させることができない製品となっています。
もし、可動させるとなると改造が必要になってきます。

なので、塗装したくないけど見栄えをよくして飾りたいって方にはお勧めできないキットです。
ただ、非可動のものを可動化するように改造したいとかっていう改造好きな方にはたまらないキットだと思いますw

とキットについての説明を一杯しましたが今回は別に可動するように改造はしません。
塗装して飾るだけの予定で作っていきます。

まずは、ストライクガンダムの方から作業していきました。
ストライク加工1ストライク加工2作業はいたって普通にランナーからパーツを切り出してスナップフィットでパチパチと2つのパーツをはめ込んでいくだけですが、塗装を考えた制作ということで合わせ目にセメダインをたっぷりとつけてムニュと接着しちゃいます。
セメダインで溶けたプラがムニュと出るくらいがちょうど良い。

ということをやりつつ組み立て図的には腕を組み立てたあとは、そこにショルダーパーツを付けることになっているんですが、塗装のことを考えるとここで組み立ててしまうとうまく塗装出来ないので若干加工して後ハメできるようにしています。
後ハメ加工部は全て組み立てた後に加工部分が見えないように内側になるような場所に加工しています。
そして、腕パーツを取り付けないでショルダーパーツを組み立てちゃいます。

あと、腰パーツでも同様に先に足を付けておかないと駄目作りになっているんですけど、そこは塗装を考えてサイドのパーツを合わせ目消しとかを考えてサイドパーツだけ切断しておけば、足をあとから組むことができるので加工します。
あとからサイドパーツをどうやって付けようかは若干検討が必要ですが・・・何とかなるでしょうw

次はデュエルガンダムの作業です。
デュエル加工前デュエル加工後基本的に、ストライクと一緒の作業です。

そして、ストライクとは若干形状の違う腰パーツに関してもストライクと同様にサイドのパーツを切断しておきます。
このサイドパーツについては塗装後の組み立て時に接着してやればOKなだけなので楽です。


そして、今日のストライクガンダムとデュエルガンダムの進捗は全てのパーツを塗装のことを考えて接着し終えたところまでです。
ストライク第1回目終了デュエル第1回目終了あとは、接着しているので2~3日くらいこの状態で放置してから合わせ目消しの作業と全面ヤスリがけ作業を行っていきたいと思います。

全面ヤスリがけがたぶんかなりの時間を費やす作業になりますね。

それが終わったらパーツを洗ってサフ吹いて塗装って感じになります。

塗装に関しては、4つ同時進行行けるのかって感じですかね。
全面ヤスリがけが終わって塗装直前で止まってるGセイバーと下地塗装が終わってるガンダムアストレイも一緒に塗っていけたらなと思ってるんですよね。
基本的に、ガンダムって同じ色を使いまわせちゃうから・・・。
先に明るい青系のストライクを塗ってアストレイを塗って、Gセイバーを塗って最後に暗い青のデュエルを塗ったらいけるのではと思ってるんですけどねぇ。
うまくいかないかなぁ。

ということで今日の作業はこんな感じでした。