普段の日記も書いていきますが、最近はゲーム、模型の日記がメインになりつつあります。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

1週間ほど前の記事になりますが、3日に米空軍が空軍志願者の増加を狙ったPRとしてフォード『マスタング X-1』とダッジ『チャレンジャー VAPOR』のカスタムカーを発表していました。

「アメリカ空軍、ハイテクスポーツカーでリクルート!?」(MSN ニュース)

「[動画]アメリカ空軍のハイテクスポーツカー…求人効果はバッチリ!?」 (Response ニュース)
「アメリカ空軍のハイテクスポーツカー…求人効果はバッチリ!?」 (Response ニュース)
「アメリカ空軍、ハイテクスポーツカーでリクルート!?」 (Response ニュース)

とりあえず、MSNとResponseの同じタイトルの記事の内容が同じっていうのは気になりますが、どっちかが記事をそのままコピペしたのかなどは気にしないことにします。

米空軍が披露した2台のカスタムカーは両方ともガルウィング装備となっていて、どちらもワイドボディ化されているようです。

フォード『マスタング X-1』の方は、ホワイトボディでインテリアに戦闘機のコクピットが再現されており、シングルシート仕様となっています。
エンジンは4.6LのV8で、最高出力は500psまで高められているそうです。

ダッジ『チャレンジャー VAPOR』の方は、ボディがカーボンファイバー製のダークグレーでステルス戦闘機のようにレーダーには写らないよう特殊加工がされ、インテリアは戦闘機をイメージしていますが、2シーターでそれぞれにステアリングホイールが装備されています。
また、360度全方位カのカメラシステムはナイトビジョン付きで暗い場所でも周囲の様子を見ることができるそうです。
「ステルス」エグゾーストも採用され、スイッチ1つでエグゾーストノートを消音でき、EVのようなサイレント走行が可能となっています。
エンジンスペックは未発表のようですが、燃料はニトロということですので凄さが伝わってきます。

2台のカスタムカーは、アメリカ空軍のPRイベント、「2009スーパーカーツアー」に同行することになっています。

これらの記事を読んで最初に思ったことは、『ナイトライダー』を意識したのかなって感じです。
フォードの『マスタング』といえば、『ナイトライダー2008』の「K.I.T.T.」を思い出しますし、ダッジの『チャレンジャー VAPOR』に搭載されているナイトビジョンや「ステルス」エグゾーストも『ナイトライダー』には搭載されている機能ですね。
まぁ、「ステルス」エグゾーストは『ナイトライダー』では違う名前で『サイレントモード』ですが、機能的には同じものでしょう。

この2台のうちどちらが欲しいかと尋ねられたら私的にはダッジの『チャレンジャー VAPOR』です。
っていうかめっちゃ欲しいですw
確かに、フォードの『マスタング X-1』は『ナイトライダー2008』のベースとなった車両と近いものはありますが、機能面で考えるとダッジの『チャレンジャー VAPOR』の方が近いのでこちらの方を選びます。
ただし、ステアリングホイールは片側だけでいいですw

まぁ、どちらの車両にしてもこれで「K.I.T.T.」がいればと思うのは私だけではないはずですw