普段の日記も書いていきますが、最近はゲーム、模型の日記がメインになりつつあります。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2009年4月に任天堂の『Wii』もしくは『DS(i)』で発売されるゲームタイトルで私が気になっているものについて紹介しようと思います。

任天堂のホームページにある4月の発売カレンダーによれば、『Wii』で12本、『DS』で29本、『DSiウェア』で7本のゲームタイトルが発売される予定となっています。

その中で『Wii』から1本、『DS』から1本のゲームタイトルを紹介したいと思います。

  • Wiiで気になるタイトルは 『モンスターハンターG』 です。
    とうとう任天堂の『Wii』でも発売されることが決定した『モンスターハンターG』です。
    過去にPS2で販売されたものが、リメイクして発売することになっています。
    Wiiで狩猟生活をしたい方にはオススメです。

    このゲームは、Wiiリモコンやヌンチャクでは遊べず、クラシックコントローラが必須となっています。

    そのため、クラシックコントローラが同梱されたスターターパックが数量限定で販売されます。
    また、同梱されるクラシックコントローラは通常のホワイトではなく、『モンスターハンターG』オリジナル仕様となっています。

    Wiiを持っていてWii版のモンスターハンターGは興味があってプレイしてみたいけど、クラシックコントローラを持っていないって人はスターターパックを購入してはいかがでしょうか。

    そして、スターターパックと通常版に関係なく、『Wii』専用ソフト『モンスターハンター3』体験版と『モンスターハンター ハンティングカード』プロモーションカードが1枚同梱することになっています。


    このリメイクした『モンスターハンターG』の変更点は、以下の通りとなっています。
    • 操作方法がオリジナル版に近い方法か携帯機版に近い方法から選択できる。
    • オリジナル版にはなかったボックス内調合やマイセット登録が可能になった。
    • Wiiでもネットワークモードに対応して最大4人でクエストに行くことができる。
      ネットワークモードは初回新規登録時に限り14日間無料でプレイすることができ、それ以降は利用する日数によって「ハンティングチケット」というものをWiiポイントで購入していくことになります。
      また、Wii×フレッツ光のキャンペーンに応募すると60日間ネットワークモードが利用可能となるキャンペーンも行われていますので公式サイトをご参照ください。
      それぞれの日数に対するWiiポイントは以下の通りとなっています。
      • 30日券:800Wiiポイント
      • 60日券:1500Wiiポイント
      • 90日券:2000Wiiポイント

    Wii専用ソフト『モンスターハンター3』が2009年夏頃発売ということで、それまでのつなぎとしてプレイしてはいかがでしょうか。
    公式サイトへ行けば、更に詳細な情報を見ることができます。
    公式サイトへのリンクはこちらから新しいウィンドウを開いて移動します。


  • DSで気になるタイトルは 『ラストバレット』 です。
    キャラクターデザインにアスキー・メディアワークス刊行のライトノベル『狼と香辛料』のイラストを担当している「文倉十」氏が起用されているので気になっています。

    ストーリーとしては、大学1年生の普通の女の子がある日突然見知らぬ組織に命を狙われ、自らもスナイパー(狙撃手)として戦う運命に巻き込まれてしまうという内容となっています。

    システムとしては、各話のアドベンチャーパートとミッションパートを進めることで事件の真相に近づくことができ、ミッションパートの成否によってその後のストーリーに変化が起こるということです。

    ラストバレット」の早期購入特典は、本作のキャラクターデザイン・文倉十氏描き下ろしの、“響花梨クリアポスター”となっています。
    これは、数量限定となっており無くなり次第終了となっています。

    公式サイトに行けば、詳細な情報やプロモーション映像などが見れるようになっています。
    公式サイトへは、こちらから新しいウィンドウを開いて移動できます。


最後におまけとして・・・
  • DS『スーパーオートサロン ~カスタムカーコンテスト~』
    こんなゲームも出るんだねと思った。
    一言で言うなら車の見栄えを魅力に勝負するゲームということです。

    このゲームでのレースはドライビング操作は不要でタッチペンやカードを使ったアクションでレースに勝利して資金を稼ぎ、知名度を上げてサポーターを増やしていくことです。

    そして、それらを全てカスタムカーにつぎ込んで4つのローカルショーに勝利して、最終的にスーパーオートサロンで勝利することを目標とするゲームということです。

    早期購入特典として、オリジナルカスタムミニカー「スラムドエース200」が付属します。
    なんでも、商用バンをカスタムしたという設定で制作した架空のカスタムカーということです。

    レースなんかどうでもいいけど、車をカスタマイズするのが大好きだって人にはいいのかもしれません。

    公式サイトへは、こちらから新しいウィンドウを開いて移動できます。

    なぜ、このゲームを紹介したかと言うと、発売元が「ジェンタープライズ」だったからです。
    「ジェンタープライズ」と言えば、『海腹川背・旬 セカンドエディション完全版』などの問題があって大丈夫なのかなぁと思って気になったので書きました。
    どんな問題だったかは、ちょっとネットで調べてみればわかると思うのでここには書きません。


ということで、4月に発売される『Wii』と『DS』で私が気になったタイトルは以上となります。
Wii版の『モンスターハンターG』は購入するかは検討中です。