普段の日記も書いていきますが、最近はゲーム、模型の日記がメインになりつつあります。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2009年1月14日(水) に修理するためにペリカン便で運ばれてい入院することになった Xbox 360 が、退院して再びペリカン便に運ばれて帰ってきました。

修理代金は、12,075円でした。
本体を新品で購入するよりは安いです。
また、1年間 の保障が付きます。

どんな感じで帰ってきたのか興味のある方は「続きを読む」からご覧ください。

まずは、帰ってきた時の写真です。

梱包1

梱包2

修理結果

Xbox LIVE 金?の紙

Xbox 360 の箱のサイズちょうどの箱に入って帰ってきました。
この箱から出す時にショックを与えないように慎重に出しました。

今回の修理では、メイン基盤とサブ基盤が交換されたようです。
とりあえず、検査項目には合格しているので問題はなくなっているはずです。
しばらく使ってみて調子はどうなのかって感じですね。
一応、ディスクドライブのことも言ったんですが、ドライブ交換はされなかったようです。
残念です。

そして、Xbox LIVE ゴールドメンバーシップの 1か月分 が入ってました。
カードに書かれている言葉が明らかに日本語じゃありません。
中国語とハングル語で、しかもカードの色がシルバーでした。
なのに、ゴールドサブスクリプションカードとはこれいかに?

実際に電源を入れて動かしてみたところ入院前よりも待機中のファンの音が静かになっているように感じました。
まだ実際にゲームをプレイしていませんが、これから徐々に確かめていきたいです。