普段の日記も書いていきますが、最近はゲーム、模型の日記がメインになりつつあります。

2018/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/06

先日、 Gateway のノートパソコンが壊れたので新しいパソコンを購入したと言いましたが、壊れた方のパソコンのその後がどうなったのかという報告です。
ノートパソコンが壊れたという日記と新しいパソコンを購入した日記は以下のリンクからご覧いただければと思います。

まぁ、先に結果だけ書くと余計にひどくなったとだけ。
昨日、新しく購入したパソコンたちの設定が一通り終わったので、今日は Gateway のノートパソコンがどうにかならないものかと起動させてみると余計にひどくなった感じでした。

先日までの動作としては、Linux Mint 起動後にログインしてからディスプレイに縦と横の白い線が入っていました。
今日は、前回と同様だったのが最初の数回で、それ以後は起動直後のメーカーロゴが出ているところから発生してました。

とりあえず私が出来ることといえば、内蔵記憶装置やメモリの脱着をするくらいだろうと思ったので、ノートパソコンの裏蓋を開けてそれぞれをやってみました。

やってみたところ……。

パソコンの電源は入って、ノートパソコンのファンが回る音がするのですが、画面が真っ黒で何も表示されなくなりました。
それ以後、何度も電源の投入を繰り返しても同じ現象となりエラーのビープ音も鳴らないので原因も特定できずとなりました。

インターネットでこれらの症状をまとめて検索してみると、どうやらグラフィックチップの故障らしいので私にはこれ以上の修理をすることは不可能であると思いました。

一応、メーカーサイトから PC リサイクルの回収を依頼できるようなのと 2004 年以降のPCリサイクルマークのついたパソコンなので無料で回収してもらえるようなので、それを利用するかは検討中です。

というわけで、 Gateway のノートパソコンはホントに諦めることになりました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する