普段の日記も書いていきますが、最近はゲーム、模型の日記がメインになりつつあります。

2016/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/03

久しぶりのブログ更新となります。

最近何かとHDDにデータを貯めこむことが多くなって容量がなくなってきたため、
HDDを新しく購入してメインのPCに追加しました。

今回はドスパラの通販サイトで購入しました。
そして、届いたHDDがこちらとなります。
 Western Digital WD30EFRX [3TB]

『Western Digital WD30EFRX』の3TBになります。
データバックアップ用のドライブとして信頼性が高く、消費電力も少ないレッドシリーズを購入。
これでしばらくは大丈夫です。

あと、HDDを新しく付けたついでにちょっと動画編集の環境を新規にしてみました。
以前、動画編集の環境を作成したときは、
『AviUtl』の0.99Kというバージョンをベースに作成していきました。
それから大分月日も経ち使ってるうちに
全く使用しないフィルタ類も多いことに気づきました。

そういったこともあり、今回は本当に利用しているフィルタを入れて
環境を作ることにしました。

今回は、『AviUtl』の最新版である1.00のバージョンをベースに作成しました。
まえに環境を作った時から月日も経ってるので
フィルタの最新版を取得しようと色々なサイトを巡っていると
私が利用していた必須フィルタを提供してくれていたサイトが無くなってました。

ググって何とか開発を引き継いで新しいフィルタを提供してくれているサイトを見つけましたが、
やはり月日が経ってフィルタの提供をやめてしまって
サイトごと無くなってしまうってことがあるんだなと感じました。

あと、動画のエンコードに必要な『x264』の最新版を公式サイトからダウンロードして
使おうと思ったんですが・・・・・・。
『ウィルスバスタークラウド』で不審なファイルとして何度も警告を受けてしまいました。
ダウンロード直後にファイルをウィルスチェックして問題なしとなってたにも関わらずにです。

利用するたびに警告が何度も表示され、
『ウィルスバスター』側で無効にする方法も見つけられなかったので、
結局、以前利用していたサイトの方の『x264』のバイナリを取得して利用することにしました。

『x264』は最新バージョンではありませんが、
以前使ってたものよりもバージョンは新しくなってるので良しとします。

あと、前の環境では映像と音声を合体させてMP4を作成するのに
『MP4Box』というツールを使ってたのですが、
今回は『L-SMASH』というツールに変更しています。
入力のプラグインも『L-SMASH Works』というのを利用して、
以前は色々と揃えてた入出力系のプラグインを減らすことが出来ました。

そんな感じで新しい環境を作ったのでさっそく動画をエンコードしてみましたが、
特に問題なく動画をエンコードして、出来た動画を見ることができました。

というわけで、HDDを新規追加のついでに動画環境を新規作成してみましたという話でした。