普段の日記も書いていきますが、最近はゲーム、模型の日記がメインになりつつあります。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

昨日は1時頃に就寝したのですが、なかなか寝付けなくてベッドの上で寝返りを何度もしながら眠れるのを待っていました。

そして、しばらくして寝返りをした際に私が寝ているロフトベッドの下にある机の方から本がバサバサっと音を立てて落ちる音を聞いたのでロフトベッドから降りて机の周りを確認してみましたが、落ちたと思われる本がどこにも存在していませんでした。
再び、ベッドに戻り何度か寝返りをした際に再度机の方から本が音を立てて落ちる音が聞こえてきました。
今度は、確認のために机以外のところも調べてみましたが落ちたと思われる本を見つけることができませんでした。

まぁ、貴重な睡眠時間を浪費するのももったいないので再びベッドへ戻り今度はすんなりと眠ることができました。
そして、壁側を向いて眠っていたときにフッと背後に人の気配がして目がはっきりと覚めてしまいました。
最初は金縛りもないので誰か家族でも何か言いに来たのかなと思っていましたが、声をかけるわけでもなく気配だけがしていたのですが徐々におかしいこと気づきました。
自分の寝ているロフトベットは高い位置にあるということと頭側に昇降用の階段が付いているため、すぐ背後に人の気配を感じるのはおかしいという事でした。

そう感じてすぐにその気配が腰のあたりを軽く2回叩いてきました。
左手を背中あたりに置いて右手で腰のあたりを軽く叩いていたとはっきりと感じました。
私はちょっと怖かったんで目を閉じてたんですが、再び軽く腰を2回叩かれた後、人の気配が動いて私の顔を覗き込むような気配を感じました。
その気配が顔を覗き込むのをやめた後は、今度は腰のあたりをグーッと両手もしくはそれと同じくらいの幅のもので押され始めたのとその押す力が徐々に強くなってきたので、思わずその気配に向かってエルボーを放ってしまいました。

エルボーを放ったあとはその気配が嘘のように消えてしまったのでベッドを降りて人の気配を探ってみましたが、誰もいないのを確認。
トイレに行ったあとでベッドに戻り眠ろうとしました。
ベッドに戻り眠るまでの間に部屋の中からパキンパキンと木が温度変化で鳴るような音が聞こえていましたが気にせず朝までグッスリと眠りました。

朝になって家族にその話をすると、私の部屋の向かいにある妹の部屋では夜中に私の部屋から本が落ちる音が実際に聞こえていたということも聞いたし、誰も私の部屋に来ていないということも確認。
明るくなってから落ちたと思われる本を再度探してみたが見つかりませんでした。

そして、妹談。
私が夜中トイレに行ったのは部屋のドアが開いていたので見えたということでしたが、私がトイレから戻ってベッドに戻った後からは怖くてドアの方を見れなかったそうです。
しかも、私の部屋から木の鳴る音が聞こえてきたので布団をかぶって見ないようにして寝たそうです。(笑)


今回起きた不思議なことについて感じたことは、私の感じた人の気配は女性ではないかということです。
理由としては、感じた気配が男性ではなく女性のような感じがしたことと、背中を押された際の手の感触が男性の手ではなく女性の手って感じがしたことです。
それと、最初に叩かれた感触が優しく叩かれたというのもあります。
霊だとしたら悪い霊ではないのだろうと思いました。


ということで、優しい女性の霊だったら問題なしということで今回の不思議現象は解決という方向でおしまいにしたいと思います。