FC2ブログ
普段の日記も書いていきますが、最近はゲーム、模型の日記がメインになりつつあります。

2012/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312012/09

昨晩は、友人のAKAさんと対戦してました。
まぁ、最終的にはいつものように負けちゃいましたけどねw

昨晩、オンライン対戦してて実績が1つ久しぶりに解除できました。
7dc081904.jpg

やはりいつものように低いクラスの車なら勝てるんですけど
Sクラス以上になると負けが多くなりますね。
R3クラス以上だと下手すると最下位になって一気にポイントが
逆転されちゃいますから……。

まぁ、上位クラスの車をまだ買い揃えていないので
自分のフィーリングにあった車を使えてないってのがあるのかもしれません。
なんて言ってみますが、自分の腕のなさのせいでしょう。

イベントリストの消化はここ最近違うゲームしてたので滞ってますが、
そろそろBクラスのレースはほぼ終了。
Aクラスのレースもそろそろ始められると思います。

というわけで、全実績解除がんばるぞ!!
ファミ通Xbox 360のプレゼントで貰った『怒首領蜂大復活 ダブルパック』の
『怒首領蜂大復活 ver1.5』を遊んでみました。

十数年ぶりになる弾幕シューティングですが、
やはり苦手ですね。

ただ、ゲーセンでプレイするのとは違ってコンティニューがし放題なので
シューティングが苦手な私でも一応のエンディングは見れました。

また、敵弾を受けてNGとなる部分も小さいので結構敵弾の間を縫っていけちゃいますが、
それを過信しすぎて行けるかなと思って突っ込みすぎてNGになることが多々あります。
しかし、敵弾を濃い場所をうまくきり抜けられたときはとても嬉しく思っちゃいます。

苦手ながらも1週間頑張って実績の方も解除していき、
解除できた実績は以下のようになってます。
7dc081901.jpg 7dc081902.jpg 7dc081903.jpg
ここまで頑張って実績を解除してきたけど
たぶんこれ以上の実績解除は私には無理かと…。

2周目への突入条件が「ノーコンティニュー」かつ「蜂アイテム35個以上回収」または「1ミス以内」または「2ボム以内」のいずれかを満たす場合となっているのでコンティニューなしのクリアができない時点で無理です。
他の実績解除の条件も色々と厳しいのでこれ以上は解除できないかなと思ってます。

苦手とは言っても遊びはじめた頃よりはだいぶ良くなったんですよ。
このゲームは4つのモードのゲームがあり、そのうちの「Xbox 360モード」で
最初は何度もコンティニュー使ってたんですが、
今では5エリアあるうちのエリア4まで1ミスでいけるようになり、
エリア5の多数のレーザーが回転してくるところあたりで1コンティニューっていう
ぐらいまでレベルアップできました。
ただ、途中でまだボムが何個も必要になるので2週目の突入はできないなと思ってます。

弾幕シューティングの苦手な私がこれ以上の実績解除は諦めるとして、
ゲームとしては面白いので時間がちょっとあるときの暇潰しには良いと思いました。

『怒首領蜂大復活 ver1.5』でこんな感じなので『怒首領蜂大復活 BLACK LABEL』の方は
どうなっちゃんだろうと思ってるところです。
実績の解除も難しいらしいので目指せ100Gってところですかね。

『怒首領蜂大復活 ver1.5』は、時間があって暇があれば
今後も遊んでいきたいと思ってます。
ホームページで使ってるLightboxのバージョンを変更したついでに
FC2ブログの方も入れ替えました。

バージョンは『2.04』から『2.51』に変わりました。

以前、導入したのが2010年1月11日だったので
結構バージョンが上がってました。
バージョンが上がったためかファイルの構成も変わってました。

やはり新しいバージョンだと以前のバージョンとは表示の仕方が少し変わってます。
IEからの表示で背景の暗幕表示にバグがあったのもだいぶ前に直っているようでしたので良かったです。

どういった手順で導入したか気になる人は続きをお読みいただければと思います。
以前の日記でメインPCのCPUクーラーを交換したことを書きましたが、
グリスの定着期間の約200時間が過ぎたと思われるのでCPUの冷え具合を再度チェックしてみました。

最初にPCを起動させて30分後のアイドル時の温度(室温25℃)
7dc081501.jpg
この数値を見るだけでも初日にチェックした温度から5℃近く温度が下がってます。
CPUファンの回転数は250~500の間くらい。

ここからは動画エンコード中の温度になります。(室温約26℃前後)
7dc081502.jpg7dc081503.jpg7dc081504.jpg
エンコード開始
1時間後
エンコード開始
3時間半後
エンコード開始
8時間後
CPU使用率は45%~100%の間を色々といったりきたりしていて安定はしていませんが、
CPU使用率が最大の時のCPU温度はツールのMAXの値を見ればいいのではと思います。

そこを見ていくとCPU温度のMAX値はCore#01の62℃が最高温度になります。
前回の記録を見ると1℃下がったくらいですが、
前回はエンコードを開始して1時間後程度の温度だったのと
今回は8時間ほどエンコードしてた時の温度だったことを考慮すると
かなりCPUが冷えるようになったと思います。

同じエンコード開始してからだいたい同じ時間帯の温度で比較してみると
約4℃くらい温度が下がっていることになります。
そして、CPUファンの回転数は1500回転ほどでした。

やはりこれくらいの差になってくるとシルバーグリスの効果はあったのかと思います。
一緒に購入しておいてよかったです。

そして、最後にエンコードが終わって2時間後のアイドル時の温度(室温26℃)です。
7dc081505.jpg
エンコード後2時間ほど経ってますが、PC起動後のアイドル時の温度より若干高めになってます。
しかし、若干高めとは言っても1~2℃ほどなので誤差の範囲かと。
それにしたって40℃を下回ってるのでよく冷えていることには変わりないです。
CPUファンの回転数は500回転前後です。

あと、動画のエンコードをしてて気がついたのですが、
リテールのCPUクーラーでエンコードしてる時は
CPU使用率が100%になっていた時間が結構多かったように思います。
しかし、新しいCPUクーラーになってよく冷えるようになったせいか
CPU使用率が100%になる時間が減ったように思います。

というわけで、CPUクーラーを交換して約2週間経ちましたが、
よく冷えるようになってよかったと思います。
そして、CPUクーラーの回転数も少ないため、
ファンの音が小さくて快適です。

今回のCPUクーラーの交換は成功だったと思います。
また、この記事が誰かの役に立てばいいなぁと思ってます。
8月1日(水)に『ブレイブリーデフォルト』体験版第4弾の配信が開始されました。
それを早速遊んでみました。

前回の体験版第3弾では、
最初にジョブを選んでそのまま体験版終了まで戦闘の連続で同じジョブでの戦闘でしたが、
今回はフィールド移動中にジョブの変更などがいつでも可能となっていました。

前回はアビリティの付け替えは機能自体がなかったのでできませんでしたが、
今回の体験版では、ジョブの変更と同様に付け替えが可能でした。

第3弾で選択できたジョブは以下の通りで
  • ナイト
  • モンク
  • 白魔道士
  • 黒魔道士
4種類のジョブが選べました。

そして、今回の第4弾で使えるジョブは以下の通りで
  • すっぴん
  • ナイト
  • 魔法剣士
  • 赤魔道士
  • スーパースター
5種類のジョブでした。

体験版なので製品版ではどうなるかはわかりませんが、
ジョブの選択欄で空欄になってる箇所を数えてみました。
そうすると、上記5種類のジョブも含めて24箇所のジョブ欄があったので
製品版でもそれくらいの数になるのかもしれないですね。

今回の体験版では、ジョブのレベルを上げていけば色々とアビリティを覚えていき、
それぞれのジョブはLv.4でマスターすることになってます。
私は、一応すべてのジョブをマスターさせて体験版をクリアしました。

最終的にはメンバー全てを"すっぴん"にして
物理攻撃要員2名は"魔法剣"、サポート要員1名は"白黒魔"をジョブコマンドにし、
サポートアビリティは基本的に"両手剣"と"ファイヤーウォール"を付けて、
残りのサポートアビリティは、物理攻撃要員には"ターンチェンジ"を付け、
サポート要員には"自動アスピル剣"を付けてやりました。

今回の体験版では地下4階から地上に出るまでのダンジョンとなっており、
マップ移動中は敵もエンカウントし地下3階から地下1階の階段前にはボスがいます。
地下4Fと地下2Fでは、道具屋と回復をしてくれる人がいます。

今までの体験版がちょっとボリュームなさすぎな感じがしていましたが、
今回の体験版は良いボリュームだったと思います。
ジョブやアビリティを色々と変更できるのでBDFFの楽しさが伝わる良い内容だったと思います。

前回と今回の体験版で最も良かったのは、
イデアのジョブチェンジ姿の可愛さだったと思います。

モンク時のイデアは髪型がツインテールになってるし、
魔法剣士はエジプトの踊り子のような感じになってちょいと肌の露出が多くなってたり、
赤魔道士はロリータっぽい感じのフリフリのヒラヒラで可愛かったですし、
スーパースターのジョブでは、うさぎのみみみたいになってる衣装もすごく可愛かったです。

最初の体験版からずっとやり続けており、
今回の体験版でもちょっとした不満点もありますが、
第3弾、第4弾と遊んで好印象だったため、
体験版第4弾をプレイし終わったあとで、
スクウェアエニックスの「e-STORE」でコレクターズパック予約しちゃいました。

昔のFFのジョブシステムとアビリティシステムが好きな人には
ちょっと期待の持てるタイトルではないでしょうか。

通常版サントラ
どうやら『ファミ通Xbox360 7月号』のプレゼントに当選したようです。
通巻100号記念プレゼントのWチャンスでの当選も含めると3度目の当選です。

当たった賞品はコレです。
7dc080301.jpg
ケイブの『怒首領蜂大復活 ダブルパック』です。

まぁ、この号のプレゼントは私的にはどれもいまいちだったので、
その中でも比較的良さ気なこのタイトルをチョイスしたって感じです。

8月号からプレゼント当選者の掲載がなくなっていたので
まさか当たっているとは思いもしませんでした。

何気にこのタイトルは私にとって久々の
弾幕系シューティングなんですよね。

私が以前やった弾幕系シューティングの過去の記憶は
学生時代までさかのぼりそうです。

このタイトル、実績の全解除は難しいみたいなので
そこそこやって終わりにしたいなと思っていますが、
ダブルパックで2タイトル分なので時間がかかりそうです。

まぁ、そこそこ頑張ってやってみたいなと思います。

そして、最後に
ファミ通Xbox 編集部の皆さん、プレゼントありがとうございます。


10月号を最後に季刊誌へとなってしまうのが残念でなりません。
最近、メインのパソコンで動画編集することが多くなり
しかも夏で部屋の中も暑いためCPU使用率が平均85%超えが続くと
マザーに添付されていたハードの監視ツールから警告が頻繁に出るようになりました。

警告は、CPU温度が85度以上になったら出るようになっていたんですが、
部屋の温度が30度を超えると結構な頻度で警告が出るようになりました。
それこそ2~3分に1回とか……。

そんなわけで、動画編集しながら何かしてると警告がウザイので
そろそろリテール版付属のCPUクーラーじゃ駄目かなと思い。
新しいCPUクーラーに変更しようと思ったわけです。

今回の記事はかなりの長文なので
読まれる方は覚悟していただければと思います。

新しいCPUクーラーに変更する前に
いちおうリテール版CPU付属のクーラーの温度変化をスナップしたので掲載しておきます。
たぶん、アイドル時(室温30℃)CPU使用率 約65%ほど(室温30℃)CPU使用率 平均85%ほど(室温30℃)
7dc080101.jpg7dc0080102.jpg7dc080103.jpg
たしか、起動してから少し経った場合のCPU温度でも45~50℃(室温30℃)くらいにはなっていました。

というわけで、アイドル時でも十分に温度が高かったので
新しいCPUクーラーを購入しました。
ついでに熱伝導率の高いグリスも購入。
購入したCPUクーラーとグリスは以下の通りです。


購入した後に気づいたんですけど、
グリスはこっちのほうが良かったかも。

こっちの方が熱伝導率は少しいいみたいなので。

ここまでの量は要らないって人は近々少ない量のものも出るみたいです。


というわけで、CPUクーラーの取り替え作業を
撮影したので紹介していきたいと思います。