FC2ブログ
普段の日記も書いていきますが、最近はゲーム、模型の日記がメインになりつつあります。
本日は、札幌プリンセスフェスタ2010に行ってきました。
10台ほどの痛車と34台ほどの痛プラモを見てきました。
どんな感じだったかは後日書きたいなとは思っていますが、今日はセイクリッド2のことを書きます。

ここ1週間ほど、平日は眠たくてあまり進んでませんでした。
そんで昨日は少し進捗がありました。

レベルが Lv.31 -> Lv.33 へ 完了クエが 122 から 141 になりました。
メインクエストとクラスクエストも少し進みましたが、主にサブクエストを進めていきました。
マップで言うと西ティア・リシアのテレポートポータルがある場所から西側にあるティア・リシアの地域でしょうか。
プレイ中に「邪悪な手」?とかいうクエストが途中から進まなくなったりしましたが、いくつかクエストを進めていけたので良かったです。

昨日プレイした最終的なデータは以下の通りです。(2010年02月27日18:30頃)


ついでにランキングの方もチェックしてみました。
  • 全クラス中(11374位中)のレベルとXP/キル比率のランキング
    100228b.jpeg 100228c.jpeg

  • ハイエルフ中(?位中 <- 確認し忘れたw)のレベルとXP/キル比率のランキング
    100228d.jpeg 100228d.jpeg

もし、セイクリッド2を持っている方でランキングのチェックをした時に古いデータになっているって人がいたら、ちょっと次の事を試してください。
タイトルメニューで普段の『コンティニュー』ではなく、『ゲームスタート』 -> 『ゲームを作成する』を選択します。
そこで、「ゲームを作成する」の設定を以下のようにしてみてください。
  • ゲームモード:キャンペーンを続ける
  • 難易度:普段プレイしているものを選択
  • オンラインモード:Online
  • ゲームタイプ:知らない他の誰かが入ってくるのが嫌ならば「プライベート」を選択
  • 参加可能なレベル差:適当
この設定後にOKを実行すればゲームが開始されます。

このままゲームを進めるか、すぐにゲームを終了してランキングを確認すると新しい情報に更新されていると思います。
普段から常に新しい情報をランキングに反映させたい場合は、毎回上記のような手順でゲームを進めていくと良いと思います。
タイトルメニューの『コンティニュー』からだといくらオンラインという表示が右上に出ていてもランキングには登録されないようです。

というわけで、昨日までのセイクリッド2のプレイ状況と最新データをランキングに登録する方法でした。
このネタは誰かの役に立つかな。
本日、メタルサーガ ニューフロンティアをプレイして2枚のスナップショットが出力されてました。
今回の2枚は昨日のスナップに比べると良い感じに出力されてました。

昨日のメンテナンス後から課金アイテムの購入が出来るようになっており、メタルショップというのが利用できるようになりました。
そのメタルショップで利用できるメタルコイン(MC)が10,000MCほどテスターに付与され、メタルショップを25日14時のメンテナンスまで試用できる環境になってます。

せっかく10,000MCも付与されたので、利用しなければ損ということでさっそく利用してみました。
色々とマニアックなアイテムを購入して、10,000もMCがあったのが本日の現時点で950MCしか残っていない状態になっています。
まぁ、その残りのMCも使いきってしまうつもりですがね。

というわけで、購入したアイテムを装備させて今日はプレイしてました。
その際に出力されたスナップショットが今回の2枚です。
100224b.jpg

そんなに良くみなくても分かる通り、女性キャラが良い感じになっています。
バニーさんとか下着じゃねぇの?という装備になっています。
バニーさんに関しては、『メタルサーガ~砂塵の鎖~』を過去にプレイしていれば、敵モンスターの「ギャングバニー」とかを思い出すのではないかと思います。

ということで、現在のメンバー4人の装備グラフィックをキャプチャーしてみたので掲載します。
ついでに女性キャラ全員をバニーさん装備にしてみましたw
100224c.jpg 100224d.jpg

このメタルショップの利用は前述の通り25日14時のメンテナンスまでとなっており、またメンテナンス後は23日14時時点のゲームデータに戻されるため、記念としてスナップショットを残しておきたいと思います。
本日から、mixiアプリのメタルサーガ ニューフロンティアを始めました。
このアプリに関してはだいぶ前から存在を知っていたんですが、今まで手を出していませんでした。

まぁ、そうは言ってもメタルサーガという名の付くゲームなので手を出さないわけにはいきません。
過去のメタルマックスからプレイし続けて18年ほどになるヘビーユーザーですから。
というわけで、今日から始めてみました。

最近になってパソコンの動画キャプチャー環境も整えたこともあったので、 キャラクター作成をキャプチャーしてニコ動にアップしてみました。

作成したキャラクターに女性が多いのは私の趣味ですw

このゲームは、パソコンの前で釘付けになって遊ぶような感じではなく、暇な時間の合間を見つけては指示を出してという感じで他のことをやりながら遊べるのが良さそうです。

現在、このアプリはオープンベータテスト中なので、今日は14時頃からメンテナンスが入ってゲームデータのバックアップをしていたようです。
そして、25日14時からのメンテナンスでゲームデータのロールバック作業が行われて、今日の14時時点のゲームデータに戻されることになります。

早くベータテストが完了してサービスが本稼動してくれるといいなと思っています。
まぁ、その間はベータテストで楽しんでおきます。

今日、メタルサーガフロンティアで出力されたスナップショットを貼っておきます。

昨日、購入したデジタルカメラで今日は撮影してみました。
被写体は家で飼っているセキセイインコです。

撮影した写真はこちらです。


ブログに掲載するため、元画像の4分の1くらいに縮小しています。
まぁ、センスがないので大した写真ではないですけどね。
せっかく新しいデジタルカメラを買ったので今年はどっか写真撮影をしに行きたいものです。


新しいカメラの話はここまでにして、古い方のカメラの話を少し。
とりあえず、昨日は今まで使ってたデジタルカメラの備品整理をしてました。
今まで使ってたデジタルカメラは友人に譲渡することにしたので、Nikonに登録してるカスタマー登録の自分の情報から古いカメラの情報の削除依頼をしたり、本体やケーブルを箱に梱包したりしてました。

今朝になってカスタマーサポートから削除完了の連絡が来てたので、カスタマー登録の情報を確認してきちんと削除されているのも確認しました。
これでいつでも古い方のデジタルカメラを渡せる状態になりました。

たぶん友人のところへ行っても活躍してくれることでしょう。
コンパクトデジタルカメラなので、そこそこのマクロ撮影はできるし、色んな撮影モードが楽しめますから。
なんたって、水中プルーフケースがあれば水中撮影だって出来てしまうモードがあるくらいですから・・・。
私は1度も使ったことがないんですけどねw
今日は、タイトルにもある通り新しいデジカメを購入しました。
まぁ、新しいと言っても新発売の製品ではなく、既存の製品で私が今まで使ってたのよりも新しいデジカメってことです。

先日、メルマガでDEPOツクモ札幌駅前店のチラシを見たところデジカメが安かったので購入することを決定。
決定と言っても数量10台限定だったので、別に購入できなくてもいいやって感じでいました。
何故か、こう思っていると毎回すんなり数量限定系の商品って買えちゃうんですよね。私ってばw

ツクモは10時から開店ということだったので、先に行きつけの床屋に行ってきました。
なので、今日はいつもより早く起きて床屋に行ってきたので、記事を書いている現在はすごく眠いです。
床屋が終わった時間がだいたい良い感じで、ツクモの開店時間からちょっと遅れる感じで到着しました。

一応、開店前に整理券を配っていたみたいですが、自分が到着したのは開店から10分後くらいでしたので整理券の配布は終わってました。
なので、直接売り場に行って店員さんに安売りのデジカメがあるか確認しました。
その結果、在庫はまだあり、整理券の状況も大丈夫だったようで無事購入することができました。

それでもって今日購入してきたのは以下のコンパクトデジカメです。

これ、『Nikon COOLPIX L20』を7,980円で購入してきました。

帰りにヨドバシで値段を確認したところ、16、800円していたので、かなりお安く買えたのではないかと思います。
価格.comの方も最安値は8,200円となっているので得したのではと思います。

ちなみに、以前使っていたデジカメは『Nikon COOLPIX 5600』です。
これは5.1メガピクセルでしたので、今回購入したものの約2分の1の画素数でした。
まぁ、ある程度の画素数になってしまえばL版くらいに印刷するなら十分になってしまうんですがね。

私的に専用バッテリーは好きではなく、単3電池仕様のものを好んで使っています。
理由としては単3電池はバッテリーが無くなっても、そこら辺で買うことが可能だからという単純な理由です。
それにエネループを使っちゃえば専用バッテリーなんて不要だしね。
専用バッテリーだと複数用意するとかしないとダメですから…。

今回購入したデジカメもニコンなので操作も迷わず使えるっていうのが良かったです。
あとは、ニコンは昔からカメラ作ってるということで安心感もあると思います。
レンズもニッコールレンズだしね。

リンク
昨日のRX-7の作業の続きをしました。
今日は、エアロの接着作業です。

とりあえず、昨日の作業よりは楽でした。
昨日のリアバンパーの付けづらさに比べたら月とスッポンです。

今日の作業終了時の写真は次の通りです。


そういえば、今回作成しているRX-7ですが、BNスポーツ仕様ということでエアロパーツ等が入っていたわけですが、もとのRX-7のパーツも入っているので余るパーツがいっぱいです。
どれくらい余っているかというと下の写真の通りです。
100219b.jpg
なんか、これと他のカーモデルの余りパーツとか使ったらもう1台別な車が出来ちゃいそうです。
そんぐらいたくさんパーツが余ってます。
フロントとリアの足回り系が組み立てられちゃいそうですからw

とりあえず、昨晩決まっていなかったデザインのネタが思いついたんですが、決まっていた1つのデザインのネタを別なものにしようと思ったので結局1台はネタが決まっていないってことで変わらず。

流行りを追うか、好きなものをひたすら追うか。悩みますね。
今日は、昨日の続きをしてました。
昨日は両キットともシャーシの作成をしていたので、今日はそれ以外のパーツの作成を行っていました。

今日はロードスターの方から先に作業を進めていきました。
そんで今日の終了時の写真が以下の通りです。
100218b.jpg

ロードスターの後は、サバンナRX-7の作業を進めました。
今日の終了時の写真は以下の通りです。


塗装のことを考えつつパーツをすべて切り出して、組み立てられるところは組み立てていきました。
今回は両キットともエアロパーツが付属しているので、エアロパーツも組めるところは組んでいきました。
しかし、このエアロパーツの接着に苦戦しました。

仮組み時の時点でエアロパーツが若干浮く場所があったため、押さえながら接着しようと思いクランプで固定しようと思ったんですが、あまりきつく押さえるとパーツが変形してエアロパーツとボディが合わない状態になったり、逆に緩いとクランプが落ちて固定できなかったり、また固定出きてもパーツが滑るのでクランプが外れたりといったことに悪戦苦闘しながら作業してました。

だいたい1箇所のエアロパーツに対して10分ほど格闘していたかもしれません。
そんな悪戦苦闘をしてきちんと固定できた後は、流し込みセメダインで接着です。
こういう位置が重要なものは、きっちりと場所を決めてしまって流し込み型のセメダインを使えば楽ですね。
まぁ、流し込み型のセメダインはサラサラしてるため、乾燥して接着するまで時間がかかります。
しばらく固定したまま触らないようにする必要があるんですがね。

サバンナの方はロードスターと同じようにエアロパーツを付ける他に、フロント側のエアロパーツを付けるためにボディーに若干の加工が必要になります。
BNスポーツ仕様に合わせるため、フロントライト部分を切断する作業が必要になるんですよ。
若干失敗したかなぁ~とか思ってるんですけど、後からボンネットやらライトパーツとかが付くと考えると隠れるから問題なさそうかなぁとは思ってもいます。
リアのエアロパーツの接着が終わった後に仮組みして確認しようと思っています。

ロードスターに関しては、紙やすりでボディーの表面を粗したあとに洗浄すれば、サフを吹ける状態に持っていけます。
サバンナの方は、エアロパーツの接着がまだ残っているので、次回はその作業の続きという感じになります。

現在、並行して作成している3台のうち、2台についてはデザインのネタは決まっております。
残りの1台に関してはまだネタ自体決まっていません。
また、ネタが決まっているとは言っても、どんなデザインとレイアウトにするかは決まっていなかったりします。
なので、まだまだこれからという感じです。
昨日に引き続き、今日も模型製作をやってました。
昨日とは違うカーモデルです。

昨日作ってたダットラの次の作業はサフ吹きなので一旦作業停止です。
今日は、以下の2つのキットの作業を進めました。
  • アオシマ 1/24 Sパッケージ バージョンR シリーズ BNスポーツ FC3S RX-7
  • アオシマ 1/24 Sパッケージ バージョンR シリーズ ロードスター(NB8C型) ツーリングキット Aスペック

そんでもって、サバンナRX-7の本日の作業終了時には以下の写真のようになっています。
100217b.jpg

次は、マツダスピード ロードスターの本日の作業終了時の写真は以下の通りです。
100217c.jpg

今日、作業した両キットはシャーシとサスペンションを含む下回りのパーツ関係の部品が細かく別パーツになっています。
アオシマのキットって古いキットしか組んだ記憶がなかったので、最近のはこんなに細かくなってるんだと関心。

しかし、フロントパーツ作成→リアパーツ作成→シャーシと合体って感じに組立図はなってるんですが、そうするとコイルオーバーパーツが先にフロントとリアのパーツに接着するとの指示になってたりします。
これってきちんと先に仮組みしていないとハマらない可能性があり、目も当てられない状態になってしまうと思います。

私の場合は、コイルオーバーを未接着のまま仮組み状態にして、きちんとハマるように組んだ際にフロントとリアのパーツのサスペンションが接着される場所に流し込みのセメダインを入れて接着という感じで接着しました。
ある程度時間が経てば、その状態で接着され固定されるのでいい感じに場所が決まります。

そんな感じで両キット作ってました。
塗装の塗り分けがあるのでフロントとリアのサスペンションパーツは、まだシャーシに接着していません。
シャーシに関してはサフ吹きを待つ感じまで作業したので、今日の作業は終了って感じです。

塗装どうしようかなぁ。
今週も週末に向けて徐々に気温が下がっていくとか天気予報で言っていたので、しばらくは無理かもしれませんね。
根性ないんで寒いのに窓を開けて塗装をする気にはなれません。
今日は、久しぶりに模型を作ってみました。
作ったのは、アオシマの1/24 ピックアップシリーズ ダットサントラック720です。

これは、昨年の痛プラGPへ投稿した作品でも作っているので、制作の方は早く進みました。
まぁ、慣れを感じ始めた時に危険はやってくるもので、私もやってしまいました。

アートナイフで指を切っちゃいました。
そんなに深くは切らなかったので良かったんですけどね。

そんな感じで今日の進捗は以下の写真の通りです。


問題は、塗装なんですよね。
窓を開けると寒いんでもっと暖かくなってからしたいんですけど、第2回痛プラGPの開催が来月くらいからということなので、塗装もしていかないといけないとは思うんだけど、寒いんですよね。
どうしようかな。
数日前(13日)の事になりますが、スーパーファミコンカートリッジに搭載されているバッテリーバックアップの電池交換と改造をしました。
交換については、過去の記事でも扱っているので少し作業に慣れてきました。

昨年は、『メタルマックス2』の電池交換と改造を行っていて、今回は2度目の改造となります。
昨年に『メタルマックス2』を改造していた時期は、ちょうど『メタルマックス リターンズ』を遊んでいたので改造できずに、そのまま忘れていました。
遊んでいる間はSFCの電源を切っていてもACアダプタさえ繋がっていたら、カートリッジに電気が供給されていたようでクリアするまでデータは消えることがありませんでした。
そのため、クリア後はSFC本体にACアダプタで電力が流していなかったこともあり、やはりバックアップのデータは綺麗にクリアされた状態になっていました。

というわけで、バッテリー交換と今後の事を考えての改造を行いました。
その時の写真は以下の通りです。
100213b.jpg

というわけで、無事完了しました。

1度起動してセーブデータを作成したので、数日後にもう1度起動してセーブデータが残っているのか確認したいと思います。
これでうまくいってれば今後のバッテリー交換は楽になっていいですね。

いまだに『メタルマックス』は私の中でネ申なゲームです。
何度やっても飽きないですよ。
とりあえず、私の所持しているSFCのタイトルに関してはこのゲームさえ残ってればいいです。

本当は、この記事14日に投稿されるはずでしたが、下書き保存のままになっており投稿されてませんでしたw
というわけで、数日経ってからの投稿になってしまいましたw
今日は少しメインストーリーを進めて第二章に入りました。
そして、今日は3度目の死亡となりました。

今日は夕方からフレンドの方と一緒に協力プレイでキャンペーンを進めていました。
最初に、前日のプレイで依頼を受けていた護衛のイベントを行いました。
これに関しては10分ほどで終わった感じです。
その後は、"コボルトの酋長"を倒しに行くイベントを行ったんですが、最初のコボルト40体の撃破は楽勝だったんですが、その後コボルトの酋長が登場するわけですが…。
・・・。
・・。
・。
無理でしたw

フレンドも一緒になって頑張ったんですが、敵の自然回復力とこちらの攻撃力では全然相手になりませんでした。
こっちが攻撃をして少しは減らせるのですが、すぐに回復してしまい完全回復してしまっていました。
そして、攻撃が痛かった。
フレンドと一緒に酋長の攻撃(岩を投げつけてくる)を受けてしまって、一緒に死亡してしまいましたw

あまりにあっけなく死にすぎたので、もう一度再戦。
今度は粘ってみるも全然敵にダメージを与えることができずというか、回復してしまいダメでした。
というわけで、逃げ帰ってきましたw
これは、後回しにするということに決めました。

というわけで、夕方はここで第1ラウンドを終了。

夜は20時半頃から第2ラウンドを開始。
クラスクエストを進めつつ、メインストーリーとサブイベントをこなしていきました。

サイリサイアムの町からサブイベントの依頼を受けつつ北上。
クラスクエストの依頼を完了した後に、受けたサブイベントの依頼を1つ完了。
そこから更に北上して、エルフの領域と外界を隔てる門の前に到着。
門は通してもらえず、ムニャムニャしたら門の向こう側へ通過。

門を超えた後は西へ行き、サブイベントをこなして、今度は東へ。
東へ向かいつつサブイベントの依頼を受けていきました。
最後は大きな町グリフィンバラに到着して、今日の冒険は終了しました。

今日の終了時点でのハイエルフ『ディード』さんのお姿はこんな感じです。

前の姿と若干変わっていますが、相変わらず悪そうなヘルムを被っています。

護衛イベントは結構大変ですよね。
護衛対象が勝手に敵陣に突っ込んでいったりするので、気をつけていないと死んでしまいます。
今のところ、護衛で失敗したのはサイリサイアムの町まで護衛するイベントですね。
その後、護衛の目的地の相手に報告したら死なれたのは苦い思い出です。
ちなみに、その時はポーションを使えば護衛対象も回復するって知らなかったので護衛対象のHPが減っていても対応策に気付けませんでしたw

そして、今日対戦したゴブリンの酋長は強すぎでした。
あの自然回復量は卑怯です。
まぁ、もっとレベルを上げてから再挑戦して倒したいなと思っています。

最後に、私のハイエルフさんの名前の元ネタがフレンドにバレました。
まぁ、誰でも思いつくことなんでバレるも何もないようなものですけどね。
皆さんもたぶん分かる人はいると思います。
「Blackmagicdesign Intensity Pro」を購入して1ヶ月ほど経ちました。
その間録画環境についていろいろと試行錯誤してました。

導入直後は、『くすのきTV Aggregat』を使おうと思ったら画面が出なくて解決策をググッてもわからなかったので、『くすのきTVHD』を使ってました。
最初はこちらも画面が出なかったのですが、プレビューの更新を行うと表示されたので問題なく見れました。
圧縮フォーマットに関しても設定に悩み、どの圧縮フォーマットを使っても20分ほどでフレームドロップするようになり、どうしようかと悩んだりもしました。

その後、『くすのきTV Aggregat』のバージョンが上がっていたので、再度挑戦。
やはり最初は画面が出なくて困ったんですが、解像度の変更の設定を行うことで表示の更新ができることに気づきましたw
(例:解像度に720p選択状態だった場合に再度720pを選択する)
こっちもしばらく使ってみたんですけど、やはり20分ほどでフレームドロップしました。

その後、初PCゲームのキャプチャーということで『アマレココ』を使ってみたんですけど、その際にふと思いついたことを試してみた。
『くすのきTV Aggregat』などを起動してプレビュー表示している状態で『アマレココ』でその画面を録画してみたらどうかと…。
その結果、長時間録画してもフレームドロップしないことが判明w
ただ、この環境だとキャプチャー画面がたまに変な感じに録画されたり、チャットウィンドウなどが起動して録画領域にかかるとそれまで録画されてしまうのでしたw
しかし、録画環境に関しては『くすのきTV』を使うよりは安定したようだったので次の段階を検討。

『アマレコTV』を使ってみることにしました。
このソフトの導入に関してはいろいろと詳しい説明が公式ページにあるので書きません。
このソフト自体が最近出たばかり(昨年末)みたいです。
こちらも「Blackmagicdesign Intensity Pro」で快適に録画できるように作られたものということで試してみました。
ヘルプも詳しく書かれているので迷うことなく導入できました。

圧縮フォーマットはお気に入りの『huffyuv』にしてみました。
とりあえず、昨日は1時間半ほどずっと録画し続けてみたんですが、フレームドロップせずにきちんと録画できたようです。
ただ、ここまでの時間録画すると解像度720pで約250GBも録画に必要なので、短い時間のものを高画質に録画したい場合は「huffyuv」を使うようにしようと思います。

長時間録画する場合は、「AMVコーデック」を使ってこうかなと思ってます。
「AMV3コーデック」だと録画時にコーデックの方でハーフサイズへの変換も綺麗に行なってくれるので良さそうです。
まぁ、「AMVコーデック」を使うとシェアウェアなのでレジストしないとロゴが入ってしまうんですがね。
今後、使い続けても良いと感じたらレジストしてもいいかなとは思ってます。

他に録画時に綺麗にハーフサイズにして録画してくれるコーデックはあるんでしょうか。
あれば使ってみたいなと思います。

というわけで、しばらくは『アマレコTV』を使っていきたいなと思います。
『セイクリッド2』を発売日に購入してから少しずつ進めています。
だいぶ、操作にも慣れてきていますが、まだ操作を間違えますw

現在、作成したキャラクターがどんな感じになっているかをスクリーンショットしました。


使用キャラに関しては、前回の記事の通り「ハイエルフ」を使っています。
現在の見た目はいまいちですが、そのうち良い防具も手に入るようになると思うので我慢します。
最初のLv4までは難易度をブロンズでやってたんですが、経験値の入りと敵に手応えがないということで難易度をシルバーに変更しました。
難易度を変更すると、所持アイテムなどはそのままなんですが、シナリオは最初からやり直しになるので気をつけてください。
なるべく早い段階で変更するといいかもしれませんね。
ただ、最初っからシルバーにしてしまうと敵が強くなってるので戦闘が厳しいかもしれないですね。
難易度によって個別にデータは管理されているみたいなので、シルバーからブロンズに変更した場合は、ブロンズの進めた場所から再開できるみたいです。

というわけで、シナリオの進捗ですがメインストーリーに関しては、港のある大都市までは行っています。
しかし、そこに到達するまでには、まだ山ほどサブイベントがあるので、現在はそっちを少しずつ進めようと思っています。
思ってはいるんですが、メインの方を先に進めた方がいいのかとも悩んでいます。
これだけイベントがあると本当に悩みますが、そういう風に悩むのもまた楽しいですね。

先日の祝日は、知人とオンラインで協力して遊んでみたりもしました。
最初、知人とその知り合いの方と一緒に3人で昼から夕方まで自分がホストで遊んでいましたが、夜からは更にもう一人知人の知り合いの方が加わり4人で、今度は自分が招待され遊んでました。
そのおかげでレベルが5から17くらいまで一気に上がりましたw
オンラインで遊んでると経験値がウハウハですねw
まぁ、若干ドロップアイテムは少なくなってるんじゃないかとメンバーみんなでチャットで言ってたりもしましたが…。

また、4人でクエストしてた時の模様を録画していたんですが、ニコ動にアップするかは他の方に相談してから決めたいと思います。
夜からは2時間半ほど遊んでたんですが、その2時間半全部を録画してました。
4人で道に迷ったり、デカブツを倒しに行ったりと、結構色んなクエストをやってました。
それを編集して1時間半くらいまでに短くはしてみたんですけどね。
どうしても内容は地味になってしまいます。

今回の3人でオンラインでクエストやってる時に2回も死んじゃいましたw
しかも、オフでやっている時は全く死んだことがなかったのでオンラインの時に初の死亡となりましたw

今回知り合った知人の知り合いの方2名にはフレンド登録依頼を送っていただいたので、フレンド登録をさせていただきました。
『セイクリッド2』に限らずに、またお誘いがあればいいなとは思っています。
本日は、Xbox 360版『セイクリッド2』(日本語)を購入してきちゃいました。
ここ数日の体験版のプレイで徐々に面白さがわかってきたので、つい買っちゃいました。

Xbox 360版を購入した理由としては、薦めてくれた知人が360を購入するということだっただけです。
その知人がPS3版を買うと言ってれば、PS3版を買っていたと思います。

この記事を書いている時点では、まだ封を開けて説明書を読んでいるところです。
とりあえず、作成するキャラクターはハイエルフで行こうかと思います。
初心者の私には厳しい選択かもしれませんが、そこは見た目重視で行こうかと…。

フォルツァ3の実績をコンプリートした時点では、今まで積んできたゲームを優先してやるとか言ってましたが、こっちを優先したいなと思います。
知人も一緒に遊んでますし、あまりレベルが離れすぎると一緒にマルチプレイ出来なくなってしまうみたいなので、必死に追いてかれないように頑張りたいと思いますw

せっかくXbox 360のゲームプレイをキャプチャーできる環境もあるので、このゲームの動画をたまに上げてみようかと思います。
ただ、黙々と敵を倒してるのを見てるだけだと面白みのない動画になっちゃうんだと思うんですけどね。
『Softalk』使って、ゆっくり声でグダグダな実況を入れるというのもいいかもしれませんね。
まぁ、センスがないんでやっぱり面白くない動画になると思いますけどね。

これからしばらくは『セイクリッド2』を頑張って遊んでみたいなと思います。



この記事を書いている時点で、Amazon.co.jp では両バージョンともに売り切れのようですね。
まぁ、入荷次第配送という風になっているようです。
すぐにやりたいって方は大型量販店など直接行ったら、まだあるかもしれません。
とうとう『セイクリッド2(日本語版)』が明日発売になります。
発売前日というわけで、どんなゲームなのかを知ってもらうため、英語体験版のプレイ動画を上げてみました。

というわけで、その動画です。


実際に遊んでみた感想は、ちょっと面白いかもです。
キャラクターのレベルアップ時に自分の好きなパラメーター値を上昇させたり、スキルを覚えさせたり出来ます。
また、メインストーリーを進めずにひたすらサブイベントをこなしていくといったことも可能です。
そのサブイベントも500を超え、マップの端から端まで歩けばリアルに6時間くらいかかるという広大な世界となっています。

未踏の地やダンジョン、レアアイテムなどを探すことが好きな人には面白いんじゃないかと思います。
ただ、こういったゲームが合わない人もいるので体験版をプレイしてみることをお奨めします。
それから、購入を検討するといいと思います。
この英語体験版については、『Sacred 2 体験版』でググれば、検索結果に「4Gamer.net」が出てきます。
そこから入手するのが楽だと思います。

もともと、この動画自体はセイクリッド2の紹介のために録画したものじゃなくて、今までWindowsゲームの録画ってしたことがなかったので、そのテストで録画したものです。
今回は「アマレココ」っていうソフトを使って録画しています。
とても扱いやすくていいですね。
ただいま、札幌は雪祭り中で2月11日(木)まで開催しています。
そんな中で初音ミクが雪像化したということで、初音ミクの記念グッズなどの販売を行っているようです。

2月5日(金)~2月7日(日)まで毎日500個限定で『ねんどろいど 雪ミク』を札幌市営地下鉄『東豊線栄町駅』にて特設販売会場を置いて売っていたわけですが、私自身それを知ったのは7日(日)の営業時間終了20分前ほどでしたw
グッドスマイルカンパニーのオンラインショップ販売の方も6日に1度受付を終了していたので完璧に出遅れたという感じでしたw

まぁ、オンラインショップの方の受付が本日から再開されるということで購入するのを一晩検討しました。
一晩考えて出た結果は・・・。


『ねんどろいど 雪ミク』を注文しちゃったんだぜ!!


まぁ、注文はしたんですけど発送は6月下旬ということなので届くのは全然まだまだ先の話になります。
今から楽しみではあります。

『ねんどろいど 雪ミク』は受注生産商品なので購入したい方は受付期間内での注文を忘れずにしておくとよいでしょう。
受付期間は2月8日(月) AM0:00 ~ 2月13日(土)PM23:59ということなのでお早めに。

ちなみに、札幌市営地下鉄『東豊線栄町駅』の特設販売会場はまだあるようで、現在は『雪ミク』ウィズユーカードが1000円で販売されているようです。
数量が2000枚で無くなり次第終了ということなので欲しい方は早めに買いに行くと良いのではないでしょうか。

その他の詳細な情報は以下のリンクからご参照ください。
今日は、雑記と言うか新作情報の話です。
つい先日の事ですが、『Fallout』の続編が出ることがベセスダ・ソフトワークスから発表されました。

『Fallout』は海外では人気の作品でしたが、日本でも今回の3でかなり知名度が上がったゲームではないかと思います。
3は核戦争後の荒廃して何百年も経った後という独特な世界観のRPGとなっていますがFPS要素があるため、シューティングRPGなんていう言われ方もしています。
とりあえず、日本でも洋ゲーとしては評価が驚くほど高かったRPGです。

『Fallout』の特徴として、メインストーリーはあるものの多くのサブイベントがあり、主人公の選択肢で好きなように行動でき、またキャラメイクで自分が重視したい能力にパラメータ値を割り振ったりできるのでプレイする人によって様々な遊び方ができるゲームです。
ここら辺は同社の『The Elder Scrolls』シリーズなどでも同様の事が言えます。

やはり、この作品の魅力は独特な世界観とその自由度の高さにあると思います。
普通、日本のRPGだと会話した相手が気にくわないからと思っても倒すことはできませんが、このゲームでは出来ちゃったりします。
(まぁ、メインシナリオに関係ありそうな重要なキャラだと生き返ってきますがw)

そんな、『Fallout』の続編『Fallout NEW VEGAS』が2010年の秋頃に海外で発売されるみたいです。
正確に言うと正式な続編ではないらしいということですが世界観が同じでRPGであるということです。
ただ、開発を外部スタジオのObsidian Entertainmentが担当しているということなので、そこが気になるところではありますが…。

日本版の発売に関しての情報はまだありませんが、ベセスダの日本法人では発売に向けて調整をしているみたいってのをどっかの記事で読んだので期待して待ってましょう。
と言っても私自身『Fallout3』はプレイしてないんですよね。
積んでるゲームがあるんで購入を控えていたってのがあるんです。
それらを消化したら是非ともプレイしたいとは思ってるんですが…。

ということでYouTubeにある『Fallout NEW VEGAS』のトレイラームービーへのリンクです。
年齢認証等が必要なのでご注意ください。
Fallout: New Vegas Teaser Trailer

Fallout関係の公式サイトは以下の通りとなっています。
Bethesda softworks 公式サイト(日本語)
Fallout NEW VEGAS 公式サイト(英語)

それにしても、私としてはXbox 360版『The Elder Scrolls OBLIVION』のシヴァリング・アイルズが日本で発売できなくなったことが残念です。
まぁ、セーブデータの引継ぎに関して技術的な問題がどうしても解決できかなったということでしょうがないんですけどね。

というわけで、今回はこの辺にしておきます。
昨日、2日前からプレイしていた『Sacred 2 : Fallen Angel』の体験版のプレイが完了しました。
体験版でしたが、サブイベントやダンジョンをプレイするだけで約6時間ほどかかるというボリュームでした。

体験版の終了としては、スタート地点から東側にある大きな町(スロウフォード?)でメインストーリーの1つ目の依頼を受けて、町の北西側にある門の前にいる門番と会話することで残りプレイ時間が5分となります。
残り5分になったら、このまま先に進むも良し、町の周辺でモンスターを狩るも良しです。
5分が過ぎるとタイトル画面に戻ります。

というわけで、先日書いた日記の続きなんですが、サブイベントの依頼を受けているとNPCが仲間になってくれます。
しかし、あまり強くないのに敵を見つけると特攻していくのでドキドキハラハラものでした。
いつ死ぬかわからない仲間との一緒の旅は体験版に慣れてきて余裕が出てきた私に緊張感を与えてくれましたw

仲間を連れて体験版でプレイできるサブイベントは全部できたと思ったので、町の北西にある門番と会話して残り時間5分となりました。
門番と会話すると鍵の掛かっていた門が通過できるようになるので、私はどこまで進めるか挑戦してみました。

門を越えて橋を渡ると敵の強さがかなり強くなります。
そのため、仲間になったNPCが早々に脱落して天に召されてしまいました。
まぁ、弱いのに敵に特攻していく彼が悪いんですけど…。

先に進むにしても敵が強くなっていたので全部相手にすると先に進めないと思い。
敵に見つかって追いかけてきても無視して先に進むことにしました。

そして、先に進んでいくと破壊された村っぽいところがありました。
そこには敵が大量にいてボスみたいのもいました。
最初はボスだと気づかずにただ大きいモンスターだなと思ってたんで先に進もうとしたんですけど、道が塞がれてて先に進めないようになっていました。

そのため、先に進むのは諦めて体験版はこのボスを倒すことを目標にしようと思い攻撃を開始。
さすがにモンスターが多いのとボスの攻撃も痛いので何度も瀕死になりながらもポーションで体力を回復しつつ、なんとか残り10秒くらいでボスを倒すことができました。

体験版を一通り最後までプレイして思ったのは、やはり日本産のRPGにはないタイプのゲームなのでちょっと面白いかもと思いました。
しかし、サブイベントに関してはおつかいイベントばかりで、「××に行って、○○してきてください」といったイベントばかりなので、そういったイベントが別に苦にならないという人は買ってもいいんじゃないんでしょうか。
逆にこういったイベントが嫌いな人は「つまんねぇ」となると思います。

私はどちらかと言うと未踏のダンジョンを攻略やアイテム収集といったことが好きな方なので、体験版をやってる間はちょっと面白いかも~と思って遊んでました。

このゲームは、たぶん他人がプレイしている動画を見てもどこが面白いの?って思います。
どちらかというと体験版とかで実際に遊んでみるとちょっと面白さがわかるゲームだと思います。
そっからハマリ込めるかは個人の好みの問題だと思います。

とりあえず、体験版の1週目は最低難易度で遊んでいたので、ちょっと難易度を上げて遊んでみました場合の違いも記載しておきます。
敵の強さももちろん上がってますが、アイテムドロップ率にも違いがあります。
難易度をブロンズからシルバーに上げてみたんですが、敵の攻撃が痛いので気をつけていないとすぐに死ねそうです。
なのでHPが少ない序盤は1回の戦闘後は敵のいないところでジッとしてHPが回復するのを待ってから先に進んでいくといいと思います。
また、敵のアイテムドロップ率も悪くなっているので不要な武器や防具を売っての金稼ぎが結構大変になると思います。
なので、手応えを最初から感じたい人はシルバーから初めても良いのではないでしょうか。
ハードコアという難易度だとどんなことになるかは不明ですが、たぶんマゾイ人にはたまらない難易度になっているんでしょうねw

ん~、10日発売の日本語版の購入悩むな~。

最後に公式サイトなどのリンクは以下の通りとなっています。
公式サイト(PS3 & Xbox 360):Sacred 2 Fallen Angel (株式会社スパイク)
公式サイト(PC):Sacred 2 Fallen Angel(ASCARON)

今月の2月10日(水)にPS3とXbox360で発売される予定の『Sacred 2』をPC用の体験版で遊んでみました。
PS3とXbox360のどちらも体験版の配信はされていないようでしたのでPC版で試してみたという感じです。
今回の体験版は英語でしたが、10日に発売されるのは日本語なので言語の関係で苦労することはないんじゃないかと思います。

このゲームは日本にあまりなじみのないハック&スラッシュと呼ばれるタイプのRPGです。
ディアブロをプレイしたことのある人はどういったゲームかはわかると思います。
知人が言うには『Sacred 2』は『ディアブロ』、『オブリビオン』、『Titan Quest』を足して4で割ったようなゲームと言うことでしたが、全部海外のタイトルで『オブリビオン』以外をプレイしたことのない私にはいまいち理解できませんでしたw
基本的には、敵を倒したり未踏のダンジョンを探索したりすることで装備やアイテムを入手して、キャラを強化したりお金を得たりするゲームということらしいです。

というわけで、聴いただけじゃわからないということなので体験版を遊んでみようと思ったのでした。
実際に自分で試してみてみないとわからないですからね。

体験版は公式サイトではなく、「4Gamer.net」からダウンロードしてきました。
ダウンロードできる場所のリンクは以下のとおりです。(容量が大きいのでダウンロードの際は気をつけてください)
Sacred 2 : Fallen Angel 無料体験版(英語)

この体験版は、セラフィムという種族のみ利用可能でレベルは10までしか上がらないようになっているそうです。
また、シングルプレイのみでマルチプレイの体験はできません。
体験版をインストールして何も考えずにゲームを開始したところ、キャラ作成時に体験版ではセラフィムしか利用できないということに最初気づかずに他の種族を選択していたためにゲームスタートできなくて3分ほど悩みましたw

キャラ作成に関しては英語ということもあり、信仰する神様などの選択は適当にしました。
また、画面右上の種族名が書かれた部分がキャラ名を入力する場所だったようで、マウスでクリックすると入力カーソルが出て名前の変更ができるようなります。
しかし、ここで日本語入力をONしてしまうと入力操作が効かなくなるので注意が必要です。

キャラ作成が完了してゲームを始めるんですが、何やらセラフィムの偉い人っぽいのが出てきて誰かに毒を使った攻撃を受けただとか英語で何いってるかわからない話をしているところに作成したキャラが来ます。
そして、長々とした話を聞いたあとに偉い人っぽいのが死んだところから自由にキャラを操作できるようになります。
結局、偉い人は何を言いたかったのか理解できずにゲーム開始ですw

とりあえず、操作出来るようになったら後は自分の自由にゲームを進めていっちゃえます。
メインストーリーを進めるも良し。
そこら辺を歩いてる人と話しをして依頼を受けてサブクエストを進めるも良しです。
クエスト数は500を超えているらしいのでサブクエストを進めていくだけでもかなり楽しめると思います。

キャラの操作もパソコンとは言え難しくなくていいです。
PS3やXbox360になって操作がどうなっているかはわかりませんがね。
とりあえず、体験版の操作についてはインストール時に最後に表示されるダイアログで『Readme.txt』を見るにチェックを入れてテキストを表示するか。
『Sacred 2』がインストールされたフォルダ内に操作が記載されたキーボード絵の画像があるのでそれを見てもいいと思います。

体験版では序盤のみということもあり、敵はどちらかというと特攻ばかりしてくるので楽勝な感じでした。
まぁ、ゲームレベルを最低にしているということもあるとおもうのですが…。
それでも、とある場所の地下にいった際は開始まもなくということとレベルが低かったこともあり死亡してしまいましたw
ちなみにキャラが死亡した際は最後に触れたモノリスから開始されるので各町や村の近くにあるモノリスはチェックするのを忘れずにしておくといいと思います。

今日は5時間ほど体験版を遊んでいましたが、まだ体験場が終了する地点まで到達出来ていませんw
所々にあるサブイベントがいっぱいで、その依頼を受けるだけでも結構な時間がかかります。
英語がわかるならもっと面白いと感じられるのかもしれませんが、そこは日本語版での楽しみにとっておくといいかもしれませんね。
メインストーリーもそうですが、サブイベントの依頼を受けるとマップに目的地が表示されるので、次にどこへ向かえばいいのかがわかって親切でとても良いです。
なので、どんなゲームかと感じるだけなら十分に楽しめる内容です。

体験版を遊んだ感じでは、ちょっと面白いかもと思っています。
まだ序盤のまだ初めの方ということもありますが、惹かれるものはあります。
なので10日に発売される『Sacred 2』の購入をどうしようかと若干悩み始めてます。
どうしようかなぁ…。

最後に公式サイトなどのリンクは以下の通りとなっています。
公式サイト(PS3 & Xbox 360):Sacred 2 Fallen Angel (株式会社スパイク)
公式サイト(PC):Sacred 2 Fallen Angel(ASCARON)



追記:2010年02月06日
体験版の動作最低環境と推奨環境を記載し忘れていたので書いておきます。
以下のとおりになっています。
100206a.jpg
本日、『Forza Motorsport 3』の実績をコンプリートしました。
これで全実績解除したタイトルは2本目となります。

これがお待ちかねの100%中の100%です。


そんで最後に解除した実績です。
100203b.jpg

最終的な『Forza Motorsport 3』のマイプロフィール欄のデータ内容は以下のとおりでした。(一部省略や追加有り)
キャリア達成率100.0%
レベル50
獲得賞金総額13,174,153 CR
オンライン獲得賞金2,147,618 CR
現在のクレジット39,277 CR
走行距離23,546 km
平均速度147.3 km/h
優勝回数1,155
入賞回数1,356
参加回数1,392
総修理費用469,719 CR
ガレージにあるクルマの数312
パーツにかけた費用3,673,690 CR
車両価格54,425,690 CR
走行時間159h48:10
最高速度392.7 km/h
ジャンプ距離41.2 m
メニュー画面利用時間55h49:46
アップグレードに費やした時間2h45:13
チューニングに費やした時間37:56
デザインに費やした時間7h58:35
オークションハウス利用時間2h24:08
ストアフロント利用時間8h29:02
テストドライブに費やした時間3h54:41
総デザイン数114 枚
デザイン適用車両数77 台


とりあえず、フォルツァ3に関しては実績をコンプリートしたので一旦終了します。
このゲームに関してはタイムアタックなどやドリフトなどのランキングとかもあり、ずっと遊んでいられる終わりのないゲームですが、私の場合は他にも積んでるゲームがあるので今後はそっちを優先していきたいなと思います。


最後に、実績をコンプリートしたのでゲームの感想を書いてみます。

一言で表すなら『最高に面白かったよ』って感じです。
私の場合は、開始早々からアシスト機能はだいたいをOFFにしてプレイしていたので最初の頃はFR車を走らせればコーナーでスピンやコーナーの立ち上がり時にはホイールスピンをしたりといったアクセルやブレーキの操作が悪く、レースではAIになんとかギリギリ勝ててたという感じがしばらく続いていました。
しかし、遊んでいるうちにアクセルやブレーキの微妙な操作が可能になってFR車を使ってもコーナーでのスピンを起こすことがだんだん無くなり上達してると感じたときは嬉しかったし、更にゲームが面白くなりした。
「リワインド」を使ってレースを巻き戻すことも大幅に減ってきました。

そして、ダメージの設定をシミュレーションにしていたので敵と接触した場合やコーナーをミスって事故った場合には自分の車にダメージが発生して思うとおりに車を走らせることができなくなるといった緊張感もあって事故らないように丁寧な運転を心がけるようになりました。
まぁ、対戦時には熱くなって丁寧な運転を忘れてしまうこともしばしばでしたがw

オンライン対戦に関しては友人のみとだったのですが、ほぼ毎週末5時間ほどぶっ続けで対戦して、指が毎回痛くなっていたのは良い思い出?です。

また、フォルツァ3の代表的とも言える機能であるストアフロントによる個人製作のデザインなどの購入はかなり楽しかったです。
痛車のデザインを探すのにほぼ毎晩ストアフロントを確認したことを覚えていますw
実績の解除条件に自作のアイテムをストアフロントで販売する必要があったので自作の作品をアップロードするためにバイナルグループを作成したのですが、簡単なものにも関わらず作成に時間がかかってしまいました。
デザイン制作の方の苦労を若干ですが自分で作ってみて初めて分かりました。

私がこのゲームをプレイして残念に感じたことは、全車に内装が再現されているということでフォトモードでの撮影の際にはドアを開閉した状態での撮影ができれば良かったなぁと思いました。
あと、あまり大量にデザインを購入しすぎると・・・。

しかし、それ以外は特に私は不満がなくレースゲームとして面白いので安心して他の人にお薦め出来るゲームだと思いました。
関係ない話から始まりますが、今日の昼食にマルちゃんから新発売の「あんかけ風やきそば弁当」を食べてみました。
さすがマルちゃんという感じでとても美味しかったんですが、ただ中華スープが付いてなかったのが残念でした。

ということで、『Forza Motorsport 3』もあともう少しで実績をコンプリートすることができます。
先週末に「実業家」の実績が解除でき、残りは「すべてゴールド」のみとなりました。

「実業家」の実績は友人と話を合わせて解除しようと思ったんですが、ありがたいことにバイナルデータが売れました。
ストアフロントにアップロードして翌日に見た際には評価が☆2つになってたんで誰も購入してくれないか~と思ってたんですが、週末になって2つほど売れて評価も☆3つになってたんで嬉しかったです。
ちなみに何のバイナルデータを作ったかというと『The Elder Scrolls IV OBLIVION』のシンボルマークのロゴです。
始めてのバイナルグループの作成だったので約4時間ほどかかっちゃいました。

残りの「すべてゴールド」の実績に関しては、現在のキャリア達成率が97.7%で残りイベント数が6個となっているので数日中には取得できると思います。

結構長い期間やってましたがようやっと実績コンプリートって感じです。
今後は、誘われたら遊ぶ程度くらいの感じでプレイしてくことになると思います。
何せ積んでるゲームがたくさんあるのでw
積んでるゲームをなるべく消化していきいと思っています。