FC2ブログ
普段の日記も書いていきますが、最近はゲーム、模型の日記がメインになりつつあります。

2009/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312009/06

1週間ほど前に1年ぶりに『メタルマックス』をプレイしようと思ったのですが、プレイしようと思ったら「2」も「リターンズ」も両方とも記録が無くなってて初期の状態となっていました。
とうとうバッテリーが切れてしまったようで、セーブした後でSFC本体からカートリッジを抜いてしばらく放置しておくと記録がクリアされるという明らかな症状となっていました。

しかし、バッテリーバックアップのバッテリーを交換するにしても任天堂のサポートはすでに終わってるし、データイーストもないので問い合わせも出来ない状態だったため、ネットで調べて自分で交換してみることにしました。

その際に参考にしたページはこちらです。

とりあえず、今回バッテリー交換したのは「メタルマックス2」です。
「リターンズ」の方は現在プレイ中で本体から外すとデータがクリアされそうなので・・・。

改造前

左の写真は改造前ですが、すでに特殊ネジを取り外したところです。

ちなみに特殊ネジを取り外すためのドライバーが無かったので参考ページにある「ピンセットとペンチで開ける方法」で特殊ネジを外しました。

近くのホームセンターにはそんな特殊なドライバーが売ってなかったんです。



カートリッジ開封基盤でます

カートリッジを開封したところです。
内部は結構隙間が空いていますね。背面側にバッテリーがあります。

基盤を取り出してカートリッジの裏面側を上にして置きました。
こちら側にバッテリーバックアップ用のバッテリーが付いています。




電池です手術の部品

問題となっている電池はタブ付き電池というもので金具と電池が溶接されているそうです。
なので次回からは交換がしやすいように電池ホルダーを取り付けることにしました。
電池ホルダー(ボタン電池基盤取り付け用ホルダー CR2032用<縦・小型> CH74-2032)は秋月電子通商で1個50円のものですが、同じものを4個と送料などの手数料を計算すると1個250円となります。

まぁ、それでも交通費をかけて札幌の街中まで行って1個160円の電池ホルダーを買ってくるよりは安いので問題なしです。


あとは、改造するための部品(コード、ハンダごて、ハンダ、ハンダ吸い取り線、電池、グルーガン、グル―スティック)を用意しています。

バッテリー外すハンダづけ

まずは、電池を取り外してから、ハンダを吸い取り線で取りながら金具を取り外しました。
先に電池を外しておかないと熱で電池がヤバいことになるということで先にはずしてます。

その後、電池ホルダーと基盤にコードをハンダで取り付けています。
赤がプラスで黒がマイナスとしています。まぁ、ハンダの腕は下手ですね。



ホルダー固定バッテリー装着

グルーガンで電池ホルダーを基盤に接着して、電池を入れました。
電池ホルダーは電池を入れたときに取り出しやすいように上側にはみ出るようにつけてます。

グルーガンとグル―スティックは、ダイソーで315円と105円で購入してきました。
これ1個あるとたまに役に立ちます。



ケースに収める改造後

ケースに入れたら分かるとおり電池の上側がはみ出るように基盤に付いてます。

カートリッジを組み立てて特殊ネジを付けなおして作業完了です。
今度交換するときに面倒なので、そのうち特殊ネジを普通のネジに変更しようと思います。



セーブできた

とりあえず、セーブして本体から外してもデータがクリアされていないので交換成功です。
次回は、「メタルマックスリターンズ」の方のバッテリー交換にも挑戦しようと思います。




久々のハンダ作業で疲れてしまいましたが、うまく出来たので良かったです。
電池ホルダーがあと2個ほど残りますが、何に使うかはこれから検討したいと思います。



昨日は、ハローワークの失業保険に関する説明を受けに札幌近辺に出没してました。
AM10時から説明会が開始ということで約30分前には会場に入っていました。

説明会の流れ的には、札幌近郊の失業者の求職活動についての近況の説明を受け、公共職業訓練の話があって、ビデオ視聴をして、最後に失業認定を受けるにあたっての説明が行われ、約2時間の説明を受けてきました。

まぁ、4年前くらいにも一度受けている内容なのでだいたいの説明は理解できました。
ごく一部、最近の不況を受けての雇用対策などにより、前に説明を受けた内容とは異なる部分(再就職手当の受け取り金額等)もありましたが、とくに疑問に思うところはありませんでした。

この説明会で聞いて再認識したのは、やはり札幌近郊での求職活動が厳しい状況であるっていうことです。
説明会で聞いた話によると、「今年に入ってから作られた資料には、100人の求職者に対して、求人募集は40人程度しかないとなっているが最近では30人くらいまでになっていて、例年だと多い事務職でも11人程度となっていて、不況になる前に比べると半分くらいまでになっているため、再就職先を見つけるのが大変厳しい状態です。」ということでした。

こんな厳しい状況ではありますが、どうにか札幌での次の就職先を見つけたいものです。
そして、脱自宅警備員w

次に私が札幌市内に出現するのは、6月10日(水)のハローワークの初回認定日です。
頑張るゾ~

追記:
ハローワーク札幌北の現在の1日に訪れる失業認定者数は300人~500人程度来ているそうです。
今回の説明会は、150席ほどあったようですがほぼ埋まっている状態な上に午後からも説明会が行われる予定だと言っていたので昨日の説明会だけで約300人の失業者の人が来ていたわけですね。
本当にすごい数です・・・。
この2日間はプラモデルの方はあまり進んでませんが、ほんの少しだけ進みました。

必要なパーツをランナーから全て切り離して塗装する色ごとに分けただけです。
あと、同色でいくつかのパーツに分かれているものを接着したくらいです。
塗装する色ごとにパーツを分けておけば後で塗装するときにいちいち考えなくていいので楽になります。

そして、この2日間プラモデルがあまり進まなかった理由としては「ナイトライダー2008」のシーズン1をパイロット版から第8話まで見ていたためでしたw
第8話まで見た感想としては、「ナイトライダー」を見たときの感動と面白さはなかったですが、そこそこ面白いです。

しかし、新しいK.I.T.T(Knight Industries Three Thousand : ナイト3000)は突っ込みどころがありますね。
ピックアップトラックに変形するのは無理があるだろうとか、ナイト2000時に失敗したK.A.R.Rをまたプロトタイプとして作ってるし、しかも車でもねぇ(第8話まで見たところで)。
また同じ失敗をしているのかと・・・。
という感じで「ナイトライダー2008」を見ていたら、17話まで見たら「ナイトライダー」を最初から見直してみようと思っています。
まぁ、「ナイトライダー」を見て今制作中のナイト2000の細部の塗装についてを勉強しておこうと思います。

模型の方は全く手をつけずというわけではなく少しずつは作っていくつもりです。
本日はちょっとばかりナイト2000のボディの仮組みをしてみました。
ちょっと仮組みして思ったこと、やはり心折れそうになるって感じでした。

ボディのみ何枚か写真を撮ったので掲載したいと思います。
写真をクリックすれば拡大して表示されます。
ボンネット上からボンネット横からフロント右フロント左リア右リア左

ボンネットを上から見た際の写真ではボンネットの右と左でできている隙間の大きさが違っていてボディの歪みがわかります。
これはボンネットではなくボディの歪みのためにズレているようです。
また、その隣のボンネットを横から見た写真でもわかるようにボンネットも歪んでいて、接着なしのパーツであるにもかかわらず浮いていて入りません。

フロントバンパーは、右側はボディとバンパーの形はだいたい合っているのですが、左側がボディとバンパーの形にズレ(フロント左側写真の赤線部分)があり、パテで盛って形を整えないといけないです。

リアバンパーの方も、左側は形が合っているのですが、右側にズレ(リア右側写真の赤線部分)があるため修正してやらないといけないです。

ボディとボンネットのズレはドライヤーで温めて修正していくとして、温めすぎて失敗しないように注意をしないと駄目ですね。
フロントとリアのバンパーのズレはパテを盛って成形していくことになります。

とりあえず、このキットはエンジンが再現できるようにパーツが付いていて手順通りに作っていくと一番最初にこのエンジンの作製なのですが、別売りのナイトフラッシャーがエンジンルームに入るため、エンジンの上半分をぶった切ってナイトフラッシャーのユニットを入れるつもりです。
シャーシの裏から見る分にはエンジンが一部再現されていることになります。

まぁ、ナイトフラッシャーユニットを基盤からいじれれば、エンジンを再現させた状態でも作れるのでしょうが、残念ながら私にはそのような技術がないのでそのような作りになってしまいます。
最近の別売りであるナイトフラッシャーはLEDで良さそうですが、私のは3年前にナイト2000を購入するときに一緒に買ったムギ球を使ったナイトフラッシャーですのでユニットもエンジンルームがほぼ埋まるサイズの大きさになっています。

う~ん、どこから手をつけようか迷いますね。
前回の記事で塗料を仕入れてこないと駄目だっていうことを書きましたが、仕入れてきました。
まぁ、それ以外にも色々と仕入れてきていますので紹介します。

購入した塗料◆カラー
 ・Mr.COLOR [02] グロス ブラック
 ・Mr.COLOR [08] メタリック シルバー
 ・Mr.COLOR [33] フラット ブラック
 ・Mr.COLOR [40] フラット ジャーマングレー
 ・Mr.COLOR [44] セミグロス タン
 ・Mr.COLOR [157] グロス スーパーブラック
 ・Mr.COLOR [GX1] グロス クールホワイト

◆下地塗料
 ・Mr.BASE WHITE 1000

◆接着剤
 ・Mr.CEMENT DELUXE

◆コンパウンド
 ・Mr.コンパウンド 細目

◆おまけ
 ・TAMIYA COLOR [XF-56] メタリックグレー

とりあえず、ナイト2000を作る上で必要になる基本的な色は購入してきました。
まぁ、必要のない色も購入している上にナイト2000の内装の細かい部分を塗装するための色の購入はしてきてきません。
それをどうするかは今後検討していきます。

私の場合エアブラシ塗装なので基本的にMr.COLORしか利用しません。
というか、使った感じがとてもシックリくる感じだったので使い続けています。
ただ、スミ入れにはタミヤのエナメル塗料を利用しています。

Mr.COLOR [GX1] グロス クールホワイトを購入しましたが、これは今度ガンプラを作るときに使ってみようかと思っています。
鮮やかな発色と高い隠ぺい力がある塗料らしいため、ベース色黒から白を塗装していく場合に普通の白を使うよりは楽できるかなという感じで買ってみました。

Mr.BASE WHITEは、下地を白にして発色をよくするだけでなくサーフェイサー効果もあるので購入。
Mr.CEMENT DELUXEは、昔買ったのが無くなっていたので購入して、今回は研ぎだしをするのでコンパウンドも購入しておきました。

おまけとして、TAMIYA COLOR [XF-56] メタリックグレーがあるんですが、これは1000円以上購入した際のおまけとして貰ってきました。
そのうち使う機会があった際に利用しようと思います・・・。あるかなぁ。
3年以上も前に購入した海外製メーカー「AMT/ERTL」のプラモデル「ナイト2000」を発掘してみました。
ナイトライダー外箱

当時、ナイト2000のプラモデルというとこれくらいしか選択肢がなかったと記憶しています。
最近になって、といっても昨年くらいにアオシマから発売されるまではこれしか選択肢はなかったように思います。

しかし、このナイト2000のキットですが海外製のためか作りが日本製に比べてかなり悪いです。
パーツが歪んでたりバリが出ているのは当たり前でパーツの合いも悪いのでプラモデル初心者にはかなり心折れるキットになっています。

すごいバリ

そのため、ドライヤーで温めてパーツの歪みを直したり、バリの処理をこまめにできる人向けだと思います。
私も最初このキットのパーツの出来を見た際には心折れました。 orz

というわけで購入当初は少し組んだのですが、すぐに仕事が忙しくなったので放置していました。
最近は、時間に余裕が出来たのでこのキットを作ってみようと発掘してみました。

とりあえずは、このキットを組み立てる際に必要となる塗料などから仕入れないと手をつけられない状態です。
昔かった塗料はほぼ全てが揮発してビンの中で固まってる状態なので新規に買いなおした方が早いと思います。
近々、塗料を買って作り始められたらいいなと思っています。

これからナイト2000を作りたいという人がいたら、このナイト2000は買わないでアオシマ製のナイト2000を購入した方がいいと思います。
まぁ、このAMT/ERTL製のナイト2000を丁寧に作られている方もいるので挑戦したい方は頑張ってください。

↑ K.I.T.T用(赤)↑ K.A.R.R用(橙)

昨日は、1日で色々な用事を済ませてきました。

まずは、求人申し込みの手続きと雇用保険受給手続きをするためにハローワークに行ってきました。
昔、求職活動をしていた時はハローワークの駐車場は小さいわりに混んでいていつも渋滞が出来ている記憶があったということと昨年からの不況でさらに混んでいるのではと思い、若干早めに家を出たのですがすんなりと駐車場に車を停めれてラッキーでした。
手続きも必要書類への記載と相談窓口で色々と話をしたりしましたが、すんなりと1時間ほどで終えることが出来ました。

ハローワークの用事のすぐあとに馴染みの床屋へ行ってモッサリしていた髪の毛をカット。
いつもの「歪みねぇ」テクニックで兄貴が刈ってくれて、さらに会話も弾んでテンションアップ!!

床屋の後は、ヨドバシカメラに車を駐車してパセオにある『オニールズ』でトンカツカレーを食べてきました。
ここのカレーはまいう~です。飲み物ですねw

そして、昼食を食べていた時間帯がちょうど以前まで働いていた現場の昼食時間帯だったので誰か知り合いに会うかもとドキドキと期待していたのですが、そんなことはありませんでした。(残念っ!!)

昼食後は、先月まで勤めいていた会社の事務所に行って不備のあった書類の再記入をして、そこから30分ほど元上司で兄貴な方と本社の仕事が遅くて「だらしねぇな」という感じで語り合ってきました。
それ以外にも色々と話をしていたせいか仕事を邪魔しちゃったかもしれませんが・・・。

帰りにヨドバシカメラでちょっと買い物をしてから帰宅しました。

全体的に予定を短時間ですんなりと終わらせることができて良かったんですが、さすがに家に帰ってきてからは疲れがドッと出てしまいました。
まぁ、これは短時間でいろんな用事を済ませてきた代償だと思えば「仕方ないね」って感じでした。

次回、私が札幌市内に現れるのは26日になります。
5日(火)に新しいPCが届いてそこから4日間かけて設定を行っていましたが、ほぼ完了してあとは使いながら細々とした設定をしていく段階になりました。
新しいPCの使い心地は微妙に気になるところはありますが今のところいい感じではあります。

記録として古いPCと新しいPCの写真を撮ったので掲載しておきます。
OLD_PC
新しいPCに置き換える前の写真です。

3年前の5月末頃に自作したPCで、ケースに合う電源を購入した際に苦労させられた思い出深いPCです。
このPCを自作した頃は今ほどビデオカードが長くなくこのケースでも普通に入っていたのですが、最近の高性能なビデオカードはどれも長さがあり、このケースでは入らなくなってしまったこともあり、新しいPCを購入するきっかけにもなりました。
このPCは、捨てないで家族が使うことになります。

NEW_PC_BOX
新しいPCが送られてきた時の写真です。

一番下の箱がPC本体、真ん中が液晶ディスプレイ、一番上の箱がキーボードとなっています。
本体のケースがやはり一番大きいですね。
そして、液晶ディスプレイの箱が思ったほど大きく思いませんでした。
以前使っていた19型の液晶の箱とあまり変わらないように感じました。

NEW_PC_INST
新しいPCを元々古いPCが置いてあった場所に置いた写真です。

液晶ディスプレイの箱は思ったほど大きく感じませんでしたが、実際に置いてみるとワイドになった分大きくなっていましたが、高さは変わらない感じでした。
机の下に置いたPC本体が、すごく・・・大きいです・・・。
今回はキーボードもマウスもワイヤレスにしたのでコードに煩わされることもありません。
しかし、キーボードから指紋認識機能がなくなったのでPCのログインとWebサイトのIDとパスワード入力は若干面倒になりました。
写真はちょうどインストール作業中の写真です。

NEW_PC_GIFT
Prime Galleria ZX に添付されてきたゲームソフトの写真です。

Hangameの「アークロード」というゲームの設定資料とゲームディスク+ゲーム内で利用できるシリアルコードがPC本体に同梱されていました。
インストールの時間は暇だったのでこの内容を見ていました。
開発インタビューの開発PDの名前がペ・ヨンジュンというのを見て笑ってしまいました。
設定資料のキャラクターのムーンエルフが美人揃いでええなぁと思いながら、たぶん積むんだろうなと思いながら見てました。


だいたいの設定が終わって使っている感じなのですが、やはり起動ドライブをJMicron製コントローラを使っているSSDを利用しているせいか書き込みの際にプチフリーズすることがあることが微妙な感じですね。
まぁ、そのうちSSDを取り換えるかもしれませんが、PCの性能的には上記以外は今のところ不満はありません。

CrystalMarkで性能チェックをしたのでその結果をこちらのリンクから見れるようにしておきます。
せっかく高性能なPCを買ったのでそのうち3Dを使ったゲームをプレイしてみようかと思っています。
・モンスターハンターフロンティア
・シムシティー4
ここら辺のゲームをしてみようかなと思っています。

最近、新しいPCがすごく欲しいという欲求が高まりまして、先日ドスパラのオンラインショップでPCの注文をしちゃいました。
12年ほど前からずっと自作PCばかりを利用し続けていましたが、今回は初めてショップブランドのPCに手を出してしまいました。
べ、別に自作に飽きたわけじゃないんだからね!

今まで自作ばかりだったのでショップブランドのPCっていうのに興味があって選択してみたって感じです。
ドスパラのショップブランドのPCは色々なモデルがあるんですが、その中で私が選択したのは「Prime Galleria ZX」です。
このPCの基本構成やスペックなどについてはこちらからご参照ください。

基本構成のままでも良いPCだったのですが、そこはほらアレです。
カスタマイズして他の人とは少し違った差っていうのを出したくなるわけですw
しかも、キャンペーン中で4/30までに注文すれば、今流行りのSSDも少し出せば追加できるということで選択してしまいましたw
あとは、23.6インチのワイド液晶ディスプレイとMS社製のキーボードとマウスをセットで購入しました。

あとから調べて知ったことなんですが、ドスパラのキャンペーンで記載されているSSDが「ADT XPG ASX1064GSUMAL」ということらしいので、搭載されているメモリコントローラがJMicronのコントローラ「JMF602」を採用しているため、プチフリーズ現象が発生する可能性があるってことで失敗したかなと思っています。
まぁ、しばらく使ってみてあまりひどいようだったらこれを売って別なSamsung、Intel、PhotoFast、OCZ TechnologyのSSDへ変更するっていうのも後々考えていきたいなと思っています。
プチフリーズ現象については「DOS/V POWER REPORT」のこちらの記事を参照してください。

とりあえず、注文したPCの納期は来週の水曜か木曜日あたりになりそうなので今利用しているPCの中身の整理等をしていきたいと思います。
ちょっと楽しみです