FC2ブログ
普段の日記も書いていきますが、最近はゲーム、模型の日記がメインになりつつあります。

2005/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312005/11

10月30日は火星が中接近する日です。
火星の接近は、2003年の夏に6万年ぶりに大接近して話題になったことは記憶に新しいところですね。実は・・・なんですけど。
しかし、現在は徐々に離れていっているとはいえ、今回の接近も火星を大きく見ることのできる良い機会だと思います。

将来再び、火星が大接近するのは2018年になるとのことです。
そして、2年前の大接近よりも更に超大接近が起こるのが2287年2729年と言われています。
こうなってしまうと、私たちは生きていないので見ることはできないです。

そして、火星を見ながら想像してください。
クラゲのような火星人の姿を・・・。



そして、話は変わりますが今月の初めに3基積んでいた姿勢制御装置のうち2基目までもが故障してしまった小惑星探査機はやぶさの最新情報です。
探査機はやぶさの故障により、小惑星イトカワの調査計画が危ぶまれていました。

現在は、帰還用の化学エンジンを利用して姿勢制御を行っており、燃料のことなどもありどうなるかと思っていましたが、計画通りに11月12日と25日に探査機はやぶさ小惑星イトカワに着陸させて試料を回収すると言う発表がされました。
ターゲットマーカーと小型探査ロボット「ミネルバ」が投下された後、着陸させるということです。

地球帰還までの燃料も確保できる見込みだということで一安心?ってところですかね。
無事還ってきて欲しいものです。
俺、ハンターになります。
そして、賞金首をいっぱい狩りたいと思います。

っていうのは冗談で、実際はシステムエンジニア or プログラマーとして働きます。
先週頭に人材派遣会社さんの紹介で1社試験を受けてきました。
内容は、面接(スキルチェック)とプログラムの試験(記述式)を受けてきました。

そして、先日結果が出て働く現場が決まりました。
本当のところ、記述式の試験が芳しくなかったので落ちてると思いました。
21日(金)から労働開始で時給はウハウハです。
今回の現場は下手な事をしなければ2年以上の長期の現場なので安心?して働けます。

今までは人材情報の登録をしていたにすぎないので、今回現場が決まったことで今日の午前中に人材派遣会社さんと本契約を結んできました。

職業:無職というものから解放され、職に就くことが出来ました。
頑張れば来年頭から更に時給が上がるように交渉してくれるそうなんで楽しみです。
今日は本屋に行った際にDVDコーナーを見てたら、FINAL FANTASY 7 ADVENT CHILDRENの通常版が売っていたのを見つけたので買ってみました。
まぁ、発売からかなり経ってるので買った人から見れば、何を今ごろになってって感じだとは思うんですがね。

FINAL FANTASYを題材にした3DCGを駆使した映像の第二弾ということでしたが、第一弾のものに比べると遥かに良い作品だと思いました。
第一弾を見たときはガッカリしました。

本編の内容は、FF7の内容を知らないと面白さは減るって感じかな?
理由としてはクラウドの夢?に出てくる女性(エアリス)についての説明が無かったから初めて見た人には誰だって感じになってしまうと思ったためです。
一応、本編とは別にゲーム画像を編集したダイジェスト映像があることにはあるんですが、やはり本編にも説明は欲しかったところだと思う。

でも、3DCGの映像でよくあれだけ複雑な戦闘シーンを作ったなと感心しました。
映像を作成したスタッフの皆様にはお疲れ様でしたと直接声をかけたいくらいですね。

ゲーム画像を編集したダイジェストを見たときは、懐かしいなぁという思いと今のゲームと比較するとゲーム画像が凄くちゃちに見えるなと思ってしまった。
昔はあの画像で凄いと思っていたのが、今ではちゃちに見えてしまうのが時代の流れを感じさせてくれました。
以前の日記で『探査機はやぶさ』と『小惑星イトカワ』について書いていましたが、その後大変なことが起きてしまったようです。

以前の日記は「こちら


探査機はやぶさはリアクションホイール(姿勢制御装置)という3軸制御をする装置がX,Y,Zの3軸それぞれに積まれています。
そして、小惑星イトカワに到達するまでに3基あるうちの1基のリアクションホイールに不具合が発生し7月31日に停止していましたが、3軸のうち1軸が故障することはありえることだったため探査機はやぶさでは設計当初から2軸で姿勢制御する方法も準備されており、小惑星イトカワまで無事に航行することができました。


しかし、10月3日の8時半頃にさらに1基のリアクションホイールに故障が発生してしまいました。
現在は、小惑星への降下や地球帰還の際に用いられる12台の姿勢制御用の化学エンジンを使用して、適正な姿勢を維持し運用されていますが、これから先の計画に影響が出てしまうようで残念です。

やはり、姿勢制御の精度が劣るため詳細なデータを送ることが難しくなり、化学エンジンで使用される燃料消費のペースも速まっているようです。

是非とも早期に計画を練り直しを行って無事に地球まで還ってきて欲しいものです。


リンク
JAXA(宇宙航空研究開発機構)
JAXAの小惑星探査機はやぶさの情報
gooニュースの記事
先日、本屋でオンラインゲームの紹介している雑誌を読んでいて気になったゲームがあったので紹介したいなと思います。

それは、『ゴルトモ』という名のオンラインゴルフゲームです。
デジタルゴルフ社から2005年11月にサービスが提供されるゲームです。

基本プレイ料金は無料アイテム課金制であるため、アイテムさえ購入しなければ無料でプレイできます。

このゲームの特徴はglogというゲーム専用のブログ機能を搭載していてプレイ結果のデータを自動生成してくれて,プレイヤー情報や成績表,プレイ中のベストショットなどが盛り込まれた日記を,簡単にアップできるらしい。

他には、70の美しいコースのグラフィックスやキャラクターモデルの髪型やファッションを変更することができるみたいです。
キャラクターのドレスアップ用アイテムに関しては2006年1月から販売されるようです。

さらに大きな特徴の1つとして「プレイデータ・マッチング」という対戦方式。これは,参加者が同じ時間に集まらなくても,全員バラバラのまま対戦可能というシステムで、プレイヤーはとりあえず一人でガンガンラウンドを回り,最終的に対戦者全員のデータを合わせて試合結果を出すといったものです。
時間が合わない友人との対戦が可能になるとのことです。


まぁ、私が一番興味が引かれた点は、このゲームがT&Eソフトのスタッフによって設立した会社『ディープ』のブランドとして「ティーアンドイーソフト」の名が継承されているという点でした。
T&Eソフトといえば、『遥かなるオーガスタ』や『ぺブルビーチの波涛』といった3Dゴルフゲームを出した大御所で私もこれらのゲームを所有しています。
まぁ、かなり難易度の高いゲームでした。


というわけで、この『ゴルトモ』は11月からのサービス開始ということで少し楽しみにしたいと思います。


リンク
株式会社デジタルゴルフ
4Gamer.netの記事
Slash Gamesの記事
Gpara.comの記事