普段の日記も書いていきますが、最近はゲーム、模型の日記がメインになりつつあります。

2016/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/03

Amazon アフェリエイト 気になる新作タイトルとその他
昨年末に年賀状の印刷をしようと思ったらインク切れによって印刷ができませんでした。
年末年始に年賀状のインクを購入しに街中までいくのも面倒だったので Amazon にインクを注文しました。

そして、今回購入したインクはコレ!!
サンワサプライ INK-C320S60S5R つめかえインク(5色インク+工具付き)

私が使ってるプリンターはキャノンの PIXUS MP640 でもう6年も前の機種になります。
現状、このプリンターで満足してるので最新機種の購入は予定していません。
しかし、プリンターの純正インク代は高く、毎年プリンターを買い換えたほうが良いと言われるほどです。

まぁ、それは極端な意見やプリンター会社の回し者が言っているだけかもしれませんが、純正のインク代が高いことには変わりないです。
1月8日現在の純正インクのマルチパックは Amazon で 3,453円 でした。
それに比べて、つめかえインクは10回分+リセッター付きで 3,936円 でした。

ただ、詰め替えインクを購入する場合は以下の点に注意が必要です。
  1. 互換を謳っているがやはり成分が異なっている可能性があるのでプリンタが故障する可能性がある。
    そのため、保証期間が終わっているか。いつ故障しても痛手の少ないプリンターで使うことをオススメします。
  2. 詰め替えであるため、作業に手間がかかる。
    そのため、そういった交換作業を苦にしない方にオススメします。
  3. 詰め替え時にインクがこぼれたり、はねたりすることがある。
    そのため、もしもの場合に汚してしまうことも考慮して問題ないという方のオススメします。
  4. 互換インクとなっていますが、純正インクとくらべて色が異なる場合がある。
    そのため、細かい色の違いが解って気になる人にはオススメしません。純正を使ってください。

というわけで、だいたいの作業手順をこれから書いていきたいと思います。
昨日(7月15日)の"Windows Update"から"Get Windows 10"のアイコンが表示されるようになりました
今までシステム要件満たしてるのに表示されなかったのでなんでだろうと思ってたんですが一安心です。


今回の"Windows Update"で"Get Windows 10"のプログラムが更新されてたのが理由だと思います。
4月のアップデートで"KB3035583"と"KB2952664"がインストールされてから特にアイコンを非表示や更新の削除などの設定はしていなかったのに出ていなかったのでおかしいなと思ってました。
7月のアップデートで再び上記のプログラムが更新されていてので、"Get Windows 10"のアイコンが表示されるようになったようです。

久しぶりのブログ更新となります。

最近何かとHDDにデータを貯めこむことが多くなって容量がなくなってきたため、
HDDを新しく購入してメインのPCに追加しました。

今回はドスパラの通販サイトで購入しました。
そして、届いたHDDがこちらとなります。
 Western Digital WD30EFRX [3TB]

『Western Digital WD30EFRX』の3TBになります。
データバックアップ用のドライブとして信頼性が高く、消費電力も少ないレッドシリーズを購入。
これでしばらくは大丈夫です。

あと、HDDを新しく付けたついでにちょっと動画編集の環境を新規にしてみました。
本当に久しぶりの日記になります。
5ヶ月近く更新してませんでしたね。
ということで、本題を書いていきます。

先日夜のことですが、
いつの間にかサブ使い用のパソコンが起動していたことに気付いて
電源を落とそうとしたんですが・・・・・・。

画面には何も表示されず。
パソコン本体の電源ボタン長押しでも落とせず。

『どうしたんだろうなー』と思ったんですが、
その時は気にせずに電源の主電源側のスイッチを切ったんですよ。

翌日に、やっぱり前日のパソコンの調子がおかしいなってことが気になって
パソコンの電源を入れてみたんです。

そうしたら、パソコンの電源が入るのに何も表示されないんですよ。
『あれっ?おかしいなぁ。調子悪いのかなぁ。』と思って
電源を落とそうと思ったんですが・・・・・・。

電源、落ちないんですよ。

最近、PCの使用環境でデータを持ち込んだり出したりすることが無くなったので
オフィスソフトを「Microsoft Office」から「LibreOffice」に変更して使ってます。

1年超前までは、メインPCで「MS Offce 2007」、サブPCで「LibreOffice」を使用してましたが、
計算式の互換性の問題と「MS Office 2007」のメインストリームのサポート終了などがあって
メインPCでの「MS Office」の利用を止めて、「LibreOffice」に移行しました。
まぁ、「MS Office 2007」の延長サポートが2017年まで大丈夫だったんですが、式の互換性をとって移行しました。

移行してから1年超くらい経ちますが、
家で仕事をしないでデータを外で編集することがない場合は、
「LibreOffice」を利用するのがいいのかと思います。

利点としては、「LibreOffice」は「MS Office」と同じようなことが無料でできることでしょうか。
文章作成、表計算、データベース、プレゼンテーションが無料のソフトで作れるようになります。
UIが「MS Office 2003」の頃のデザインと同じなので移行しやすいと思います。
ソフト自体が無料なのでもちろん最新版へのアップデートも無料でできます。
他のOSでも同じように利用できること。(Windows版はもちろんですが、MacOS版、Linux版がリリースされてる)
表計算のマクロの作成が、「LibreOffice Basic」の他に、「BeanShell」、「JavaScript」、「Python」で記述できること。

欠点としては、「MS Office」との互換性が表計算ソフトでは基本的にないこと。
一応、古い形式のファイルを読み込むことは可能ですが、
表計算の式に互換性がない場合が多いので読み込むだけって感じです。
VBAマクロなんかを使って作成している場合には特にダメな感じです。
UIが「MS Office 2003」の頃のデザインなので「MS Office 2007」以降のリボン表示のデザインに慣れてる人は
移行にちょっと手間取ってしまうかも。

というわけで、「LibreOffice」の利点、欠点を紹介しつつ宣伝してみましたが、
今から最新版の「LibreOffice」を導入するのはしばらく間待って欲しいです。

今月頭(2014/02)くらいから最新版の「LibreOffice」の「4.2.0」がリリースされたのですが、
表計算ソフトの方で不具合があり、
文字入力などをするとフリーズしてしまう。
という致命的なバグが発生しています。

どうやらこれは、「4.2.0」で表計算ソフトのプログラムを再構築した
初のバージョンってことで起こってしまったバグっていうことらしいです。
一部のマクロの動作も変わっているという報告もあるみたいです。

現在(2014/02)、開発版の方ではフリーズ問題は修正されているらしいのですが、
サイトでダウンロードできる安定版の「4.2.0」は、不具合がある状態のままということです。
そのため、1つ前の「4.1.5」をダウンロードして利用するか、
最新のものを利用したい場合は来月(2014/03)リリースされる予定の「4.2.1」を待って利用した方が良いと思います。

ということで、つい先日「LibreOffice 4.2.0.4」をインストールして使ったら
フリーズして利用できなかったので色々調べた際の結果を記事にしてみました。